KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【NEWS】最果タヒ著「かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。」装幀画担当

saihatetahi

かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。

最果タヒさんの長編小説「かわいいだけじゃない私たちの、かわいいだけの平凡。」の装幀画を担当いたしました。
皆様ぜひお手に取ってご覧下さい。

:::

【内容紹介】
今、最も注目される詩人・最果タヒが紡ぐ、初めての長編小説――。

織田日月(おだ・あかり)、高校生にして、魔法少女。彼女が出会った一人の少女・安楽栞(あんらく・しおり)には、秘密があった。二人は周囲で次々と起こる怪事件に巻き込まれていくのだが……。

==============================
きみがぼくに使うかわいいという言葉が、ぼくを軽蔑していない、その証拠はどこにあるんだろう。好きとも嫌いとも言えないなら、死ねって言っているようなものだと、いつだってきみは、怒っている。ぼくは、きみを好きでも嫌いでもないまま、優しくありたい。かすかな、死の気配でありたい。
愛情で語れる友情は、ただの代替品でしかない。

きみが孤独なふりをするあいだ、ぼくはきみと友達でいる。光る波がおしよせて、ひいていく。きみの足首がぼくと同じで、ただそこにあることを、だれにも証明ができない。
孤独になれば、特別になれると、思い込むぼくらは平凡だ。制服がかろうじてぼくらを意味のあるものにしてくれる。
きみは、どんな大人になるかな。
あたりさわりのない、この世にいてもいなくても変わりない、誰かになるのかな。
幻滅が存在しないのは、友情だけだよ。海が告げる。きみは立っている。
ぼくの友達。
==============================

どこにでもいる、そして、どこにもいない少女たちは、いつだって青春を戦っている。
著者について
最果タヒ(さいはて・たひ)
1986年、神戸市生まれ。
第44回現代詩手帖賞、第13回中原中也賞受賞。
詩集に『グッドモーニング』(思想社)、『空が分裂する』(講談社)がある。近作の詩集『死んでしまう系のぼくらに』(リトルモア)が、評判を呼び、多くのファンを獲得する。
今、最も注目されている、若手詩人の初小説。

:::

ブックデザイン:佐々木俊
単行本: 224ページ
出版社: 講談社
発売日: 2015/2/25

Top

HOME

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。