KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

20101223

tiisana-sizuku.jpg

「ちいさな雫」 2010年 ケント紙にアクリル(パネル水張り) 18×14cm

:::

悔しいという気持ちやよく分からない腹立たしさ、をある時期から全く感じなくなった。
でもその分突き詰める苦しさを知った。
でも後者は全くネガティブじゃない。単なる事実。
スポーツをしてる時のような感じに似ていて、この感覚はきっと大事。

努力は絶対的に必要だけど、努力すれば必ず報われるという考えは邪念だと感じる瞬間が多い。
この言葉はよく聞くけど一体どこから生まれたんだろうか。
たぶん、神様が出来上がっていく過程と似たようなもので、その人の願望なんだろうと思う。
しかし実際はどうか。

人に認められるために努力家にならなければいけないとか、
間違いだとは言わないけど、それは自分の生き方としては、なんだかとっても違う。
人に認められる事を前提として物事を進めていけば、常に自分以上のある人達が存在する事になる。
自分が何かを切り開いていかなければならないと感じたときには、そんな事は全く関係がなくなってしまう。
自分が全てスタート、発信源になれば、自分は上でも下でもない。
認められることは願望としてあるとしても、それに重点を置く事はそんなに無い。

神様に祈れば必ず救われる訳でもない。努力が神様になってはいけなくて。
ではそこでどうするか?で、ほんとうに道が開いていく。
でもそれが結果的に努力になっているのかもしれない。


ほんとうに一度何かに気付いてしまったら、気付かなかった時の自分には戻れない。
今を繰り返したくないのなら、もう戻りたくないと思うのなら、
気付いていく事それしかないと思う。
何かを気付いていなかった過去の自分に戻りたがる事は、自分はそれで良くても、
自分の事をほんとうに想ってくれている人を不幸にするという事を知った。
覚えておく。

Top

HOME

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg