KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祖母の絵

sobonoie.jpg


母方の祖母は、およそ4年前から私に絵を習っています。
私の事は「香奈センセー」と呼んでくれます。


祖母が絵を習いたいと言い始めたのは80歳手前から。
それまで全く絵を描いた事のない祖母でしたが、
上手くなりたいという気持ちが半端ないのに驚かされました。
絵具の使い方から色の混ぜ方まで全く知らなかった祖母が、
ここまで成長するのかと感動したので、今日はその絵を載せたいと思います。


sobo-hatsuka.jpg

これは確か、絵を描き始めて3枚目。
ここでもう驚くしかないです。。。

sobo-hyoutan.jpg

このひょうたんの絵は、祖母が途中で「失敗したからやめる!」と言って
スケッチブックからページを破りとってしまったものなのですが、
「まだいける!」と、何とか祖母を励まして最後まで描いてもらったものです。
ほら、ちゃんと描けるでしょ。笑

sobo-yakan.jpg

やかん。
「銀色っていう色はそもそも無いんやな!」と祖母。
そうそう。鏡自体に色が無いのと一緒。

sobo-hati.jpg

これはほとんど祖母が私のいない間に自主的に描き進めていた。↑
ちなみにもっとすごいのは、このモチーフである盆栽自体も祖母の手作り(ニセモノ)であるということで…

sobo-ninngyou.jpg

番外編。笑
こんなのもある。


スケッチブックの中には途中、およそ2年前ほどに描かれた
鉛筆の下書きだけで終わった柿の絵がある。
祖母が脳梗塞で倒れて入院して、完成に至るまでにモチーフにしていた柿が腐ってしまって
最後まで描けなかったもので、なんかそれを見ると泣けてくる。

脳梗塞から奇跡的に復活出来たのも「おじいちゃん残して死ねるわけないでしょ」という
祖母の強い意志だったなと思い出す。
身体が細すぎるのを子供の頃からずっと気にしている祖母、
どこからそんな力が沸いて出てくるのかと思う。

最近私が忙しくなりすぎてなかなか絵を教える時間が取れずにいて、
それでも自主的に絵具を用意して、かなりスローペースではあるけれど
わたしの知らない間に絵を描き進めています。


祖母はいつまでたっても女性で、とても力を貰える存在。
もうそろそろ新しい絵を教えてあげなきゃー、と思います。

Top

HOME

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。