KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

kiri


日本は技術大国と言われているけど、あと数年もすれば中国に追い抜かれる事は確実で、
それは日本の技術を盗む方法で発展していくとも言われていて、
そんな中で美術は何が出来るんだろうと思う。
何とかしなきゃいけない、という気持ちだけがぐるぐる…

色々考えてみても、日本の美術の本当の良さを日本人が一番知っているとするならば、
私はやはり一番に日本人に見て欲しい絵が描きたいと思う。
今の思いはそれだけで、上記に対する答えは今のところ出せないでいる。


それはそうと、先日ふと思ったのだけど

「売れないけど良いものは創れる」

って言葉、何となく日本人らしいような気がするのは何でだろう。
あくまで個人的に思う事だけど、米国とか中国だったらこういう言葉は出てこなさそうなイメージがある。
そこには創る側とそれを見る側両方の視点があるわけだけど。

これは謙虚を美徳とする日本の感覚でいえば良い意味にも、
単なる自分自身の甘えにも使えてしまう悪い意味にもとれる言葉。

売れなくっても良いものを創っていればそれでいいんだって、
何となく今まで私はそう思ってた、のかもしれない。
振り返ってみてそう思う。
でもそれってなんか違うんじゃないか?
少なくとも私がそれをやっちゃいけないんじゃないのか。

「売れないけど良いものは創れる」としても、
売れてるものを元を辿らずに否定するような気持ちは捨て去るべきであるし、
お金がしっかり回らなければ自分が住む町や国の為にも結果的に良くない。

絵を描く事をしっかりとした職業とせずに絵を発表し続ける事で、
それで叶う夢があって、私は今までずっとそんな夢を追い求めていたのかもしれないけれど、
それでは結局「夢の中で夢を見ているようなもの」である事に気付いた。
そうじゃなくて「現実世界で夢を見せる事」それが
絵のお仕事をしていく中での私の一番目指すべき事なのかもしれないと今思う。

良い形でお金を稼ぐ→世の中に貢献せねばと思うから私は売れるようになりたいです。

はじめてそんな事を思いました。
「売れたい」って言葉、今日何気にはじめて言った気がする。
自分でびっくりした。
これはなんか、恋をする瞬間のはっとした感じに似てる。
今まで大嫌いな言葉だったのに、これでしっかり覚悟できたような気がしました。
今まで売ることが嫌いなんじゃなくて、良い形で売る方法が分からなかっただけなんだな。
大事なのは、作品をどう気持ちよく人に渡していくかだ。
これは作品と絵に関わる人達みんなに対する愛だね。
気付いてよかった。


…でも、ややこしい話だけど最後に言っておく。
「売れるための作品」なんか、私は一生描くつもりないぜよ!!!!



おわり。

(なんか結局いつも同じ結論で終わってる)

Top

HOME

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg