KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

memo-05

haka-06.jpg


お仕事の絵とデザインワークがあともう少しで完成。果たして仕上がりはどうなるか…!


生に向かうことは死に向かうことで、
死に向かうことが生きることなんだね。


まれに、自分にとってこれは究極の芸術だと思う作品に出会うことがある。
絵でも音楽でも映像でも何でも、私にとって特に
癒しの効果をもたらす芸術の究極ほど鳥肌が立つものは無い。
癒し系と称されるものではなく、精神の深いところにすっと潜り込んでいくような、
こちらが望んでいなくても強制的に癒されてしまうような芸術のこと。

そういう作品に出会ったとき、どんなにその作品の世界に引き込まれようとも
結局は芸術が持つ力の限界を感じて、ふと我にかえってしまう。
究極の芸術は、作品を通してありのままの私自身の姿をぼうっと映し出すだけで、
作品は何も語ろうとはしないし、ただただ私は
自分自身が生きる現実を直視せざるを得なくなってしまう。
優しくて心地よい癒しを与えるのに、触れたときにとても「痛い」。
ああこれ以上の癒しは無いんだなって事、芸術には限界がある事を教えられる。
でもそういう作品こそ、私が望んでいるものなんだなと思う。
結局は自分が動き出さなければ何にもならないんだなと思えるから。


でも行き着く先は結局何も無いんだよなあ。
まあ、何も無いから良いんだけど。
何にも無いところに向かうのが生き物の使命のような。
人間は地球の歴史をつくる一部でしかないんだね。

Top

HOME

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。