KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「今日」

2009_0508-kyou.jpg


ここのところ、たて続けに身近な人が亡くなっている。

それを自分が予期していたのかどうかはわからないけれど、さいきん、
今まで感謝の気持ちを伝えられなかった方々に、どうしてもありがとうと言いたくて
手紙を書いていた。
昔出会った先生や、最近会っていない友達、と、そのおばちゃんとか…色んな人に。
お互いが生きてるうちに、伝えるべきことは今伝えておかなければならないと思った。

今日もひとり、お亡くなりになられた。まだ若い。

人が亡くなっていくことに対して、悲しい気持ちを抱くのがあまり好きではないゆえ、
人は生まれながらにして皆平等にいずれ死ぬという運命を与えられているのだという事を
理解したうえで、今まで少女を描いてきた。
悲しいとわかっていることを悲しい事だけと捉えたくないのだ。
少女は大人になって年をとり、いずれ「死」ぬということを思いながら「生」を目指して描く。
わかっちゃいるけど悲しいよ。

ふと、自分が過去に描いた絵を見直してみる。
2008年に描いたキャンバス絵が、みんなあの世と繋がっているような気がした。
「生み出す無」と「この地に生まれて」という作品は、お葬式の後に眺めたい。
誰かが死んだ後のような空気と、何より、自分がそれを描いていたときに感じていた
わずかな希望が心に蘇ってくる。
なんでだろうな、2008年に描いたキャンバス絵は自分の絵じゃないみたい。
とても大事にしたい絵ばかり。

ひとつのものが無くなれば、また新しいものを生み出さねばならない。
生み出すことが出来るのは自分しかいない。
無いものから生まれるものがある。
2009年は2008年をこえる絵を残さなければならない。

なんだか大きな宿題を大量に出されたような気分だ。



そういえば、今日おばあちゃんから聞いた話、
人が自然死するのは海の潮が引く時間帯が多いらしい。
だいたい朝方(特に4時台)なんだとか。

人間も自然物なんだと改めて感じた。

Top

HOME

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。