KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

60 years ago-05

60haka-05.jpg

:::

探し物をしに海へゆく。
どこに置いてきた、母の子宮。

最後に目にしたとき何色ともいえない丸いものがたくさんくっついていた。
まるでさびしい想いをしてしがみつくかのように、それはしっかりと食い込んでいた。
さびしすぎて離れられない、母を殺そうとした丸いものは、
僕の生まれてきた部屋と共にどこかへ消えた。

なぜあの時その後の行く先を聞かなかったのだろう。

答えが何であれ、大切なことは聞きたくなかったのかもしれない。
だけどそれが、僕が生まれてきて一番の後悔するべき事だったように思う。
僕は今までずっとそれを気にすることが無かった。

内側に静かな冷たさを押し付けられて僕は、どうしようもない優しさだけを生み続けている。

強さも無しに、たったひとりで生きるとはそういうことか。



きょうはいったい何の日か知ってる?

僕は母に届けるべきものがある。

:::

Top

HOME

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg