KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sunflower02

sunflower02


最近買った本の中で写真家の荒木経惟さんが、
「写真が写真でなくなるところが到達点かもしれないね」
とおっしゃっていて、作品見て、ああなるほどなと思った。

生きた作品を創る事の出来る人って、うまく言えないけど、
作品は「創る」ものではなく本当に「生む」ものだと考えているんだろう。

荒木経惟さんの作品とか、もう「写真」を見てるとは思えない程、
眼には観えないものがたくさん渦巻いて見えるというか、
ひとつひとつの作品がすごく重くて生きてる。

自分の中から「生まれてきたもの」に対してもちろん言い訳なんか出来ない訳で、
また、コンセプトを説明すればする程、何だか純粋さを失っていくような気がする。
でも、そういうものこそが本物なんだと思う。

よくわかんないけど、まさに自分が産んだ子供と同じなのかもしれない。
…子供産んだことないけど、何となく。

自分からどんな子供が生まれたって、本当に自分の子供なんだから、
言い訳せずにその子のそのまんまを受け止めて、
愛を持って育てていくべきなんだなあ、と。

周りの人から愛される子供でないかもしれないし、
まっすぐ思い通りに成長しないかもしれないけれど、
その子を生み出した自分だけは絶対、最後まで見放しちゃいけないものなんだろう。


まあ、わかっちゃいるけど、難しいすね。。。
でもとても大事な事だと思う。


最初の話に戻りますが、
荒木さんみたいな作品を見ると、彼を「写真家」とは呼びたくなくなります。
何となく。

作品制作は命を産みおとす事と同じように、重くて美しいものであって欲しい。

Top

HOME

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。