FC2ブログ

KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

【NEWS】東京で大槻香奈個展「おなじ光、違う空の下」開催

ootsuki_kana.jpg


大槻香奈個展「おなじ光、違う空の下」

期間 2019/11/26(tue)-12/22(sun)
時間 11:00-20:00 ※月曜休館 
会場 The Artcomplex Center of Tokyo - ACT5 -

-

 個人的な話になるが、今年は海外に行ったり、また自分自身の環境を変えたり、写真作品等の新しい表現に挑戦したりと、これまでとは違う景色を感じられる体験を意識的に取り入れていた。その中で感じたことのひとつに「世界は繋がっているようで、繋がっていない」ということがあった。実際は繋がっているのかもしれないが、少なくとも自分の実感としてはそうだった。例えば日本国外に出れば、日本のことなどほとんどニュースで見ることはなかったし、また環境を変えれば、自分のことなど誰も興味がなかったりする。それは自分にとって面白く、また別世界が存在するということは救いだと感じた。
 私は長らく日本的な呪縛から抜け出せず、ずっと日本に暮らし、いつもそこから未来について考えていた。それは作品制作の姿勢についても同じで、私は海外で自分の作品について語る時、制作のベースにある日本的コンプレックスを説明しなければならなかった。私はこれまで、あくまで自然と日本的な病に取り憑かれていて、フラットな自分や、何も考えずしれっと生きている自分自身の輪郭を、長らく忘れてしまっていたことに気がついた。それはなんと不自由なことか、とハッとして、危機感をおぼえたのだった。
 そんなこともあって、私はこれまでとは全く別の世界へ、興味の赴くまま足を踏み入れることをしたいと思うようになった。そこで感じたことは、場所が変われば「空」の様子が全く違うということだった。単純に気候の違いによる視覚的なものだが、見たことのない空の色を、今年はたくさん見れたような気がする。私達は空で繋がっている…なんてよくいうけれど、本当にそうだろうかと思うほど、行く先々で、それぞれの空に出会えた。私が行った場所に限っての話ではあるけれど、違う空の下、そこには太陽の光だけが等しく存在していた。
「世界は繋がっているようで、繋がっていない」。圏外の世界を求めて旅に出る。そうして見えてきた圏内の世界について、これまで自分が描いてきた日本的なものについて、改めて感じたことを素直に描いてみようと思う。まだ知らない世界が存在していることと、自分の知る世界も少しずつ変化していくこと… この展示がそれを思い出せる装置になっていれば幸いに思う。

大槻香奈

:::

大槻 香奈 Kana Ohtsuki
1984年、京都府生まれ。美術作家。嵯峨美術大学客員教授。
主にアクリル絵具を用いた絵画作品を中心に、「から」(空・殻)に基づいた制作を行う。
2007年より活動を開始し、国内外を問わず、ほぼ毎月各地で展覧会を開催。
イラストレーターとして書籍の装幀やCDジャケット等にも数多く作品を提供する。
2018年に初の画集「その赤色は少女の瞳」(河出書房新社)を刊行。
2019年5月には、自身の祖母の家を撮影した初の写真展「人形の住む家」(神保町画廊)を開催。

:::

メインビジュアル
「おなじ光、違う空の下」2019年 455×333mm 紙・アクリル

※本展覧会では差し入れをお断りしております。何卒ご理解のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。
           

【NEWS】大阪ondo tosaboriにて大槻香奈個展「新竹旅遊日記」開催

IMG_0779_convert_20191015211018.jpg

大阪ondo tosaboriにて、今年の夏、台湾・新竹での活動報告をいたします。
写真にドローイングにペインティング…様々な形で、大槻香奈が新竹の魅力を伝えます。
作品はすべて購入できます。みなさまぜひお越しください!

大槻香奈個展 「新竹旅遊日記」
2019.10.16(水) - 10.20(日) 
12:00–19:00 ※最終日17:00まで

お問い合わせはこちらまで。
↓↓↓
https://ondo-info.net/gallery_osaka/ondo/exhibition/

---

※以下ondoのWebより抜粋。

今回、2度目の台湾展となった個展「何度目かのお祝い」は、
新竹市にて今年の夏、約1ヶ月に渡り開催されました。
大槻香奈自身も10日間ほど現地へ滞在し、台湾の地を感じながら公開制作も。
滞在中には、海外だからこそできる日々のテーマの深掘りであったり、
価値観を提示しあう事で生まれる発見も多々ありました。
何を感じ取り、持ち帰って来たのか、
現地で撮影した写真作品や滞在スケッチを通し、大槻香奈の視点で今回の旅を振り返ります。

■台湾展「何度目かのお祝い」特集ページ→ https://ondo-info.net/content/11996/

   
​---------------------------------


■EVENT:新竹個展報告会
10/16(wed)18:00〜20:00
参加費¥500 (ご予約不要/当日受付)

新竹での個展の報告と合わせ、大槻さんが現地で滞在して感じた事や 旅のあれこれなど、
台湾のお菓子などつまみながらお話する楽しい時間になればと思います。

【NEWS】東京・国立のshuuueにて「作者不詳展」開催

exhibit07_convert_20191002191819.jpg


「作者不詳展」

この度は「作者不詳展」を開催いたします。作者の名前や作品の情報が削ぎ落されたとき、作品はどの ように見えるのか、という素朴な興味からこの企画が生まれました。作品に対してある意味無責任に、 好きなように感じて自分なりの意味を見出してみることは、そのコンセプトを知って感じてみることと はまた別に、大事な過程だと思っています。私自身が作者の詳細をまったく知らないものから、また作 者は判明しているが敢えて名前を伏せた状態のものまで、幅広く展示いたします。会場には絵画やイラ ストレーション、立体、またそもそも作品かどうかも怪しいものまで存在させています。何も知らない 状態から作品を好きなように感じ、楽しんでいただける事を願っています。

※この展覧会の作品はすべて販売しております。作者が判明している場合のみ、ご購入後お客様に詳細 をお伝えいたします。

企画:大槻香奈


■会期
2019年10月4日(金)~6日(日)、11日(金)~13日(日) 12:00~19:00

■場所
http://shuuue.net/

Top

HOME

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com