KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kuh "MUSiK Anatomia" 少年の絵

kuhcd.jpg


…というわけで(どんなわけで?)kuhの皆さんからサインをいただきました。嬉しい!!!
昨日は大阪のclub vijonでのライブに行ってまいりました。
kuhのライブは二度目でしたが本当に素敵で心洗われました。。
私はやはり、個人的な思い出も相まって、アルバムの2曲目にある"Walkabout"が特に好きだったりします。
ジャケットの少年の絵も、クボタさんと話し合いながらこの曲をイメージして描きました。

kuhの2ndアルバム"MUSiK Anatomia"まだの方はぜひ。↓
【MUSiK Anatomia】


私は普段、主に16歳ぐらいの少女の絵を描いているのですが、今回初の少年の絵という事で、
まずどこからイメージを作ろうかな…と色々考えていました。
最初に依頼されたのは、強い眼をした10~12歳ぐらいの少年が正面を向いている、というもの。
外見のイメージはパッと浮かんだのですが、私は男性ではないので、
いつも描いているような少女と同じぐらいの内面的な強さを持って少年を描く事が出来るのかな…と
若干ビクビクしながら描き進めていました。


…とそんな中で、ふと、自分がそれぐらいの歳の頃どんな男の子の知り合いがいたんだっけ…と
ぼんやり考えていました。
そしてある一人の子の存在を思い出しました。

ある日突然転校してきた、勉強もスポーツも出来て明るいんだけど、何となく掴みどころのない、背が低くて色白で、
得体の知れない雰囲気を持った男の子でした。
何と表現すればいいのか、本心と感情表現が少しだけちぐはぐな印象があって、
(笑っている時は何となく悲しそうだったり)
私は特別仲が良かった訳ではないのだけど、何となくそれを気にしていました。
全然関係ないけど、何故か今でも、参観日に一度だけ見たその子のお母さんの顔を妙に覚えています。
2人暮らしだと噂で聞いたりしたせいかもしれないけれど。

自分の隣の席になった時、頭が良いんだか変人なのか、授業中にしょっちゅう訳のわからないマニアックな話を聞かされたりしていました。
話の半分以上がよく分からなかったので、私はただ頷くしかなかったのですが、
でも何となくその子が見ている世界は自分とどこか近い気がして、話をしていると
意味不明な話でも楽しくてホッとしていたような気がします。
ひとつだけ印象に残っている話があって、それはこういうものでした。

「鉛筆の尻に付けるピーマンが家の中に入ってて、それがだいたいこれぐらいの(手に収まる)大きさなわけ」

何のことを言っているのか全く分からなかったのですが「へぇー…」と返した記憶があります。
そもそも何で彼を思い出したかといえば、ちょっと前に部屋を大掃除して、とある物が出てきたからなのですが。

↓コレ

ie.jpg


ちょうど手のひらに小さく収まるぐらいの家。

私の転校が決まって、クラスのみんなとお別れをする日に、
彼はこれを無言で私の机にぽいっと置いて去っていったのです。
突然のことで意味が分からず、何か物をくれるイメージも全く無かったので、
私はただただ「?」という反応しか出来ませんでした。
その時は、とりあえずもらっといていいのかな…?的な感じで家に持って帰りました。
でもしばらくして、漠然と「何だかとてもいいものを貰った気がする」と思いました。

そして何年後かに、この家の屋根の部分がパカッと取れる事を知りました。
なんとこれは小物入れだったのです。
家の中にはピーマンの形をした、鉛筆のお尻にくっつけるタイプの消しゴムが入っていました。
そして、あー彼が前に私に話してくれていたのはこれの事だったのかと、ずいぶん後になってから気付いたのです。
話をしてくれた時は、本当に何のことを言っているのか理解出来なかったし、
理解出来たとしてもまさかそれを自分にくれるとは思っていなかったので、すぐに気付くことができなかったのです。

この小物入れは買ったものなのか自分の家に元々あったものなのか、何か思い出のあるものなのか
そういう訳でもないのか…
何も分からぬままですが、分からなくてもいいのかもな、と思ったりしました。
だけど、結局お礼も何も言えなかった事を、転校してから子供ながらに後悔しました。
彼にとって何か大事なものではなかったとしても、貰えた事が何だかじわじわと嬉しかったから、それを伝えたかったのでした。
私が転校してからしばらくして、彼もまたどこかへ転校してしまったと風の噂で聞いて、
「ああそっか」と思いました。


この話にオチは無いし、特別な思い出って感じでもなくただそういう事があっただけなのですが、
その事を思い出して、もう一度kuhを聴いたら「これだ…!」と、何だかすごく良い絵が描けるような気がしたのです。
あの男の子は何を考えているのか分からなかったけど、ただ何となくいつも、漠然と孤独であって、
それは重苦しいものでなくごく普通に、当たり前のものとして抱えているように私には見えていました。
すこし存在を気にしていたのは、何となく心配していたからなのか、自分の孤独感と重ねて見ていたせいなのか、
はっきりとは分かりません。
だけどkuhの音楽を聴いていると、生きていくうえでのとあるひとつの答えを見つけた、
清々しい強さを持った少年の姿が描かれている気がして、私の思い出の中にいる男の子も、
きっとこんな感じで生きていくのかもしれないなと思うと、何だかほっとしたのです。
そこからは、筆がどんどん進みました。

思い返してみれば、絵を描こうとする時いつも思い出すのは、日常の何でもない出来事だったりするなあと。
kuhのMUSiK Anatomiaも、きっとそんな、何かの思い出に支えられて形になったもののような気がしました。
だからキラキラして聴こえるのかもしれない。


いつもの少女の絵だって、コンセプトは色々あるにしろ、根っこの部分では自分の子供時代の
些細な思い出が元になっていたりするわけで。
それで絵が描けるって事は、なんだかいいなと思ったのでした。


ちなみにその男の子とこのジャケットの少年の顔は全然似ていません。
なんだけど、内面から出る表情みたいなものはすごく似ているような気がします。
思い出補正かかっているのでそんな気がするだけですが…
でもあの時の男の子にこっそり感謝の気持ちでいます。
この絵を描けて、ほんとに良かったなと思います。



kuhgoods.jpg


いまkuhは全国ツアー中("kuh MUSiK Anatomia TOUR 2013")という事でグッズも色々あったり。
これは買うっきゃないです。
Tシャツやタオル、ポストカードセットもあるんですが良い感じでオススメです。

ツアーの詳細はこちらから↓
http://captainhouse.com/musik_anatomia/

あと、私の描いた少年の絵も、kuhと一緒に全国を旅しております。
自分の原画がこうして全国を回るなんて、今までに無かった事なのでとても嬉しいです。
ライブと共に絵も楽しんで頂けましたら幸いです。
(ちなみに写真撮って頂いても大丈夫です…!)


改めまして、今回ジャケットを描かせて頂きましたkuhの皆様には心より感謝の気持ちでいっぱいです。
素敵な作品とコラボレーションさせて頂いて本当に有難うございました。

皆様ぜひライブにも行ってみてください^^***
スポンサーサイト

【NEWS】武井裕之・大槻香奈二人展「いつかまた会える夏に」北鎌倉小舎で開催

2riten-dm.jpg


北鎌倉小舎にて、写真家の武井裕之氏と二人展を行います。
自然光で撮られた幻想的な制服少女写真と、現代の感情を切り取った少女絵画のコラボレーション展です。
皆様是非お越し下さい。

【期間】2013年8月3日(土)~11日(日)[会期中無休]
【時間】11:00~19:00 ※最終日のみ17:00まで
【場所】北鎌倉小舎

:::

武井裕之 Hiroyuki Takei
1967年生まれ。フリーのFM放送の音楽番組制作ディレクターを経て写真家へ。
主にフィルムを使い、約18年前から思春期という束の間の光の中で揺れ動く、
制服少女の無垢で、魔性的な美しさをシンプルに写し撮っている。

Web: http://www.h-takei.com/


【NEWS】大槻香奈個展「みんなからのなか+」大阪DMO ARTSで開催

kamitsubame-plus.jpg


DMO ARTSにて大槻香奈の個展「みんなからのなか+」を開催いたします。
この個展は昨年のneutron tokyoでの個展「みんなからのなか」の、新作を交えた巡回展となります。
皆様ぜひお越し下さい。

【期間】2013年7月17日(水)−8月6日(火)
【時間】10:00〜20:00
【場所】DMO ARTS

★オープニング・レセプション
7月20日(土) 18:00-20:00 DMOARTS
どなたでもご自由に参加いただけます。

【関連URL】
・「みんなからのなか」動画→http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=6B5-Lh0Jc-U
・「みんなからのなか」ステイトメント→http://www.neutron-tokyo.com/gallery/schedule/1210/OHTSUKI_KANA/statement.html

※作品のお問い合わせはDMO ARTSまで。

フライヤー作品「かみつばめ+」2013年
910×910mm キャンバスにアクリル、スプレー

今月の白白庵の展示について

pakupaku-01.jpg


今月、白白庵に展示されている作品についてすこし解説しようと思います。
こちらの作品は阪急うめだ百貨店の「《 ワ タ シ 》と《 セ カ イ 》」にて展示していたものが中心になります。(約9点ほどです)

今回の作品は昨年の個展「みんなからのなか」のコンセプト(物語)の続きを描いたもので、
蛹から蝶を夢見ているという設定で制作したものです。

作品中に多く描かれているリボンのモチーフは、蝶を模したものです。
本物の蝶の姿を思い描くことはまだ出来ないけれど、絵の中の少女たちはリボンを結んで身につけることで、
蝶になりたい気持ちを心に留めておきながら希望を持って生きている、という設定で描いています。
昨年の個展の解説はこちらの動画をご覧下さい。↓





今回の作品はこの3階のコンセプトに共通する部分もありますが、そこから更に、
儚さや繊細さを乗り越えて、地に足のついた、強いイメージで描かれています。


また今回はいつもと違い、陶芸作家さんの作品と合わせて展示されております。
上の画像左から丸岡和吾さん、金理有さん、そして篠崎裕美子さんといった、今をときめく陶芸作家さん達の
器とオブジェを三つ揃えて、それぞれの作品にモチーフや色、秘められたメッセージ等が共通すると思われる
組み合わせを意識して展示されています。
(写真はごく一部で、他にも色々な組み合わせが展示されております)
じっくり見れば見るほどしっくりくるのが不思議です。。
おうちで飾られる方も、こんな風にしてみるとまた違った味が出て面白いんじゃないかな…と思います。


営業日はこちらのスケジュールをご確認ください。↓
http://www.pakupakuan.jp/information.html
今月までですので、皆様ぜひお越し下さい◎

【NEWS】イラストレーター150人を紹介する書籍『ILLUSTRATION 2013』参加



ILLUSTRATION 2013


イラストの現在を紹介する『ILLUSTRATION 2013』に大槻香奈も載せていただいております。
皆様ぜひご覧下さい◎

:::

『今』を象徴する人気イラストレーター・絵師150人を一堂に会した、
『究極』のイラストレーター・ファイル!
pixiv、ラノベ、アニメ、漫画、ボカロ、ゲーム、ニコ動、書籍、音楽、ストリートカルチャー、現代アートなど、
今大きな盛り上がりを見せている多様なイラストシーンを横断した、実力派人気作家150名による豪華競演です。

カバーイラストは、
初音ミク主演で話題のオペラ「THE END」、ロックバンド「amazarashi」のメインビジュアルを手がけるなど、
今もっとも注目を集めているイラストレーターYKBXによる描き下ろし。
ブックデザインは、
多くの作家が信頼を寄せる気鋭デザイナーTATSDESIGNが担当。
このほか、作家のプロフィール情報として、
Webサイト、メールアドレス、Twitter ID、制作環境、作家本人によるコメント文を掲載。

『今』のイラストレーションをアーカイブした図録として、永久保存版の一冊。
現在のイラストのトレンド把握、仕事を依頼する際の参考資料、
好きな作家や知らなかった気鋭作家を見つけるためのアイテムといった用途で、本書をぜひご活用いただければ幸いです。


【掲載作家一覧】(五十音順)
愛☆まどんな | 赤りんご | あき | 秋 赤音 | 秋津たいら | あさぎり | あずまあや | 荒川眞生 | 上田バロン | VOFAN | uki
usi | HR-FM | えいひ | eimi | ena | 蛯原あきら | 遠田志帆 | オオタニヨシミ | 大谷リュウジ | 大槻香奈 | Okonikk | ONEQ
加藤さやか | 加藤木麻莉 | Cato Friend | 烏羽 雨 | 河野未彩 | 北沢平祐 | きぬてん | 木野下 円 | 形部一平 | KYOTARO
桐矢 隆 | 輝竜 司 | 吟 | くまおり純 | 倉花千夏 | KEI | 河野 愛 | こうもり傘 | GODTAIL | 駒都えーじ | こやまひろかず
近藤達弥 | 彩 | サイトウユウスケ | ざいん | 笹井一個 | JNTHED | シガタケ | 鹿間そよ子 | しきみ | しずまよしのり | 茨乃
澁谷忠臣 | sime | JUN OSON | JohnHathway | シライシユウコ | shirakaba | スオウ | スカイエマ | 須田彩加 | sioux
せきやゆりえ | serori | 爽々 | ソロボンヌ先生 | だいん | タカハシヒロユキ | 高村真耶 | 玉石佳世 | だんごむし | ちくわエミル
ちほ | ちゃもーい | D[di?] | TNSK | TOKIYA | 1047 | 利光春華 | DONA | 虎硬 | Dragon76 | とりかわ | TREIZE | 撫子 凛
NaBaBa | Nardack | 西島大介 | 西又 葵 | にほへ | 猫将軍 | 野口路加 | NOVOL | NOEYEBROW | 羽鳥好美 | PALOW
晩杯あきら | 菱沼彩子 | 氷見こずえ | HIME+YOU | 廣田明香 | ファンタジスタ歌磨呂 | feebee | Phazee | フカヒレ | 藤ちょこ
ふゆの春秋 | ふるしょうようこ | ぶーた | ぽんかん(8) | 巻田はるか | またよし | マツオヒロミ | マルイノ | マルミヤン
ミキワカコ | mikio | 深崎暮人 | みずは | みつご | 碧 風羽 | Minoru | 宮城 | 宮島亜希 | minchi | 睦月ムンク | 六七質 | mebae
MEMO | めーちゃん | MOGRAPHIXX | 文字8フレッシュ! | 森 俊博 | 山下良平 | 憂 | 優 | 雪広うたこ | ユーコ・ラビット
吉尾 一 | 吉田ヨシツギ | RYOONO | りょーの | redjuice | refeia | YKBX | 若林 樹 | ワカマツカオリ

【スペシャルインタビュー】
◆イラストレーターredjuiceが語る
イラストレーターから見た現在のイラストレーション
◆アートディレクター染谷洋平が語る
デザイナーから見た現在のイラストレーション
◆イラストレーターYKBX × アートディレクターTATSDESIGNが語る
「ILLUSTRATION 2013」のカバーデザインができるまで

【NEWS】gallery near 「TAKE OUT ART! -アートを"お持ち帰り"する小作品展-」参加

takeout


gallery near企画展「TAKE OUT ART! -アートを"お持ち帰り"する小作品展-」に参加いたします。
大槻香奈は新作を20点出展予定。作品は全てその場でご購入&お待ち帰りいただけます。
皆様のお越しを心よりお待ち致しております。

:::

期間:2013年6月21日(金) - 2013年7月3日(水) *6月27日(木)は休廊
開廊時間:12:00-22:00(最終日は17:00まで)
会場:gallery near

この企画展は、カフェでコーヒーを「TAKE OUT(お持ち帰り)」するように、アートもその場で選び、購入し、
持ち帰るという主旨のもと開催される小作品展です。
出展される作品の価格帯は5000円〜50000円、作品サイズも持ち帰りやすい、また、自宅で飾りやすい大きさを考慮し、
最大サイズでもS10号(53cm×53cm)までの作品が展示、販売されます。

■その他詳細→http://blow-works.com/gallery/press/130621_0703.html

【NEWS】白白庵にて5月の展示参加

wasurezuniiruhane.jpg


白白庵(元neutronの場所)にて小作品を中心とした展示・販売を行います。
4月に阪急うめだ百貨店にて行った「《ワタシ》と《セカイ》」展に出展していた小作品が中心となります。
皆様ぜひお越し下さい。

以下、白白庵Webサイトより↓

:::

今月は大槻香奈、いちかわともこ、中比良真子の新作等を豊富に入荷致しました。ここでしか見られない作品も多
く、作家の魅力が溢れるラインナップです。営業カレンダーをご確認の上で、ぜひお越し下さい。皆様のご来店を
お待ちしております!

***************************************************

★ 5月の通常営業のご案内 ★

・第二週 10日(金), 11日(土), 12日(日)
・第三週 14日(火), 15日(水), 16日(木)
・第四週 店主出張のためお休みとさせて頂きます。
・第五週 28日(火), 29日(水), 31日(金), 6月1日(土),

上記の日程以外は営業致しませんので、悪しからずご了承下さい。
5月17日(金), 18日(土), 19日(日)の三日間は平井友紀によるパフォーマンスイベント(予約限定)のため、
通常営業は致しません。

今後の営業や作品については気軽にメールでもお問い合わせ下さい。

***************************************************


その他詳細・お問い合わせはこちらまで→白白庵【http://www.pakupakuan.jp/japanese.html


画像詳細「忘れずにいる羽」140×180mm 2013年 ケント紙、コラージュ、アクリル、鉛筆、スプレー

Top

HOME

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。