KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

20110112

nennmatsu-kana-ohtsuki08.jpg


ネットの世界に浸っていると、それはとても狭く感じる。

広いのはネットじゃなくて世界そのもの。
ネットはそれを知るものでしかない。

今自分のいる場所を振り返ってみたらわかる。
狭すぎて笑っちゃう。
世界に生きたい。

20110111

oekaki-iroiro.jpg


最近はお仕事以外にも絵を描く時間を増やしている。
一人で描いたりみんなで描いてみたり、その楽しい時間の中で色んな事を考えている。

今日は、我がままを書いてみる事にしよう。

なんだかすごく悲しくなってしまっている。
と同時に、ものすごく闘志が沸いてきたのも事実。
絵を描いていく上ではもっと我がままに戦ってもいいんじゃないかという気がしてきたのだ。

世界に繋がっていく為の道筋はきっと出来ている。ただ力が足りないだけで。
自分だけじゃない、もっともっと沢山の人の力が必要でもどかしくなる。
価値観の多様性を認める事は大事だし、それを否定したくは無い。
だけどそれでは、いつまでたっても強く進めない事を心のどこかで知っている。
夢のような話は有得ないのだ。

一歩外へ踏み出せば所詮、私はひとりの日本人作家にしか過ぎない。
わたし「個人」ではなく「日本人」なのだ。それが付きまとう事になるんだとわかった。
そうなった時にものすごく、自分の生きている国そのものや自分の今いる環境の儚さを感じる。
すごく、何かが足りない。
同じ時代を生きている人達にもっと力を分けて欲しい。
そして同時に、今まで以上に自分も周りに力を与え続けていけるように努力していきたい。
自分が思っている以上にもっと進んでいけるように。

ニュートロン京都からのお知らせ

nennmatsu-kana-ohtsuki03.jpg


私が昨年個展でお世話になったneutron kyotoよりお知らせ。
http://www.neutron-kyoto.com/2011_news/index.htm

今の文椿ビルヂングに移転する前の、新京極にあった時のneutronの写真が載せられていて懐かしい。。
新京極のneuronには学生時代によく通いました。
作家ファイル登録をさせて頂き、度々作品を更新しに行っていました。
展覧会のご案内をしに行くと当時いらしていたスタッフさんが見に来て下さったり。
昨年はじめてneutron tokyoとkyotoで個展をさせて頂くまでにも、私が専属作家でない時から
neutronとはひっそりと(一方的にですが)繋がっていました。
ほんとうにお世話になりました。

neutron kyotoは無くなってしまいますが、不安感はなく、今後の新たな展開に期待しています。
今後の活動の中で、また作家としての新たな自分の役割を考え、
それはもちろんギャラリーや美術界の中の話だけではなく、
幅広い世代と世界に向けての活動をしていけたらいいなと思っています。
また見守って下さいましたら幸いです。

そして…5月末になくなってしまうまでに、展覧会はもちろんのこと、
カフェのメニューを制覇せねば、、!!!笑
皆さんも是非ぜひーーー!

雪解け

yukidoke.jpg


人生はうまい具合に出来ています。
先ほど、ずっと長々と書いていたブログ記事が削除されてしまいました。
よく考えると消えて良かったな、、と。笑

逆らわずに生きます。。

今日はもうじき来る祖母の誕生日のために手紙を書いていました。
もうこれはラブレターのような。ふふ。
夜中に書く手紙は、誰宛であっても愛情なしには書けませんね。

運をよむということ

mikuji.jpg


おみくじ。今年は吉でした。
現実的な事ばかり書かれてあったので、今年は地味にコツコツ努力します。笑
思い切った事はせず、急がず焦らず慎重に、が良いらしい。
うむ、私も何となく今年はそれが良い気がしている。

よく運も実力のうち、と言いますが、運の流れを把握して
良い方向へと導く直感を育てる事は、仕事においてとても大切な事だと思っていて。
自分の中では、それこそが私自身を信じる力に繋がっているような気がします。

私の尊敬する人たちは皆、運に敏感な人が多く、
良い運も悪い運も先読みしてプランを立てているような印象があります。
そしてそれを単なる個人の感覚的な話でなく、
幅広い思考のもと、相手に伝わるようにアウトプットするのが上手い。
それは、単に占の本をこまめに読んだりするような事ではなくて。
時代の流れをよむのが上手い人であったり、
話し相手が何を求めているのかをよむのが上手い人であるような気がしていて。
それは、きっと過去や現状が全てであると考えているならば不可能であって。
先を見ているならば、今までの経験や努力に縛られる事なく、
落ち着いた冷静な判断が出来るのかもしれません。

そんな人に私も近づいていけるように…今年はもっと、
情報を食わず嫌いする事なく、いちど自分の中に取り込んで
消化していけたらいいなと思います。

あけましておめでとうございます

mon.jpg


あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

今年の年末年始はとても静かだった。。
音楽もテレビも無しで、雪の音だけを聞いている時間はとてもよかった。
そして極力人と話さないようにしていた。そのかわり色んな本を読んだ。
落ち着いて頭の中を整理して、モヤモヤをすべて出し切ったのでとてもスッキリしています。
そしてその成果があったのか(?)元旦に目覚めると、肌が異様に生き生きしていました。笑
急激に調子が良くなったので、とても気持ちの良いスタートを切ることができています。

京都は雪です。
雪と朝日と古い街並みのコラボレーション、素晴らしい。。
お正月の朝のとくべつな静けさ。
動き出す前のひんやりした新しさを肌に感じています。

20110101

nennmatsu-kana-ohtsuki06.jpg

Top

HOME

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg