KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20101020

mari.jpg


友人の話していた言葉を、ふとした瞬間によく思い出す。
「科学の進歩の先にあるものは絶望しかない」みたいな事だったか。

何が大変か、その中身や意味合いが違うだけで、いつの時代にも生きていく大変さはあった。
自分の祖父母の若かりし頃の話を聞けば、自分がその時代を生きていなくとも想像できる事がある。
だけど、生きていく為の便利な機械や道具が今ほどに無い時代であれば、
生きていく事そのものが大変である反面、動物的ないきいきとした「生」をきっと誰もが持っていて、
その時代にしかない命を生きる喜びがあったのかもしれないと思う。

私が生まれてから今までの時代は、とにかく何でも急激に便利になっていくし、
私個人の話をすれば、食料も娯楽も並にあって比較的健康で、
命を生きることそのものは簡単だったように思う。
だけどその分、振り返ってみればなんだか、
自分の何かをごっそり削ぎ落とされたような、絶望的な気持ちになる事が度々あって仕方が無い。
生きる苦しさと呼んでいいものなのだろうか。
とにかくそれは、「自分の死は当分やって来ない」という恐怖だったように私は思う。

生きることは本来自然現象であるのに、私にとっては生について考えていなければ生きていられない時代を
生きているように思う。なんだか変な話だ。
「生きることを忘れて生きている」というのは、私にとってある種の恐怖なのだろう。

ここまで書いて、私は自分自身の事を非常に残念だと思う。
これは本当に贅沢すぎる悩みであるからだ。
しかしそれもある意味、実際的に不便な昔の時代の、意味合いの全く異なる生きる苦しさと比べてであるので、
贅沢という言葉は適していないかもしれない。

命を生きる事が簡単すぎると、精神は思いもよらぬ方向に行くような気がするのだ。
人間らしさを思うとき、それは多くの人が「人間としての正しさ」を連想するだろうが、
そうではない、正しくない部分も含めて人間らしさをどこかで見つめていなければ、
命について冷静に考えることなど出来なくなってしまったように思う。
その「命について考える」という行為自体が、もう何だか違うだろ…という気持ちもあるのだが、
しかしそうはいかないのが今までの私の人生だったのだから仕方が無い。
教育的、道徳的な「生きる喜び」の教えが世の中にある限り、
それと対極にあるもの(ある種くだらないとも捉えられるもの)には
作家として(人間としてか)静かに向き合わねばならないと思っている。
おそらくそこに本質があるからだろうし、
それを必要としてる人がいるという事も自分の中では大きい。

だから誤解を恐れずに言おう。
予定が現実にならない事ぐらいは知っている。
だからこそ、生きる為に死ぬ予定(仮)ぐらいは自分で作っておきたいというのがきっと本音なのだ。
(…というのは寺山修司の本にあった言葉によく似ているけれど)
「ずっと絵を描き続けます」と最近胸を張って言えるようになったのはそのせいなのかもしれない、
と思う。
いつか最期があることは分かっているからどんな形であれ描き続けるだろうし、
どんな状況でも本能的に生きようとするだろう。

絵を描き終えるたびに確かな時を重ねていくことだ。
それで誰かと絵を通して時間を共有できればなお嬉しい。


自分の中にきちんと答えを見つけたので明日にはたぶん忘れます。
ここまで書いておいてどうかとは思いますが、
大事な事をずっと覚えていたところで、良い事なんて本当になんにも無いんだよなあ、、、

大事な事は無意識がちゃんと知ってる。という事を私は知ってる、のだ!


:::


先日、私のWebページのトップ画像が変わりました。
F100号の「昼間に宿る」です。
よろしければご覧下さい。

http://ohtsuki.rillfu.com
スポンサーサイト

■NEWS(40)■neutron kyoto Gallery 大槻 香奈 個展 『雲と石』

DM-image_20101018144134.jpg


ニュートロンアーティスト登録作家 大槻 香奈(平面)の個展「雲と石」を開催いたします。
皆様是非お越しください。


■開催期間■ 2010/11/16 Tue - 12/5 Sun 
■場所■ gallery neutron kyoto
■時間■11:00 - 23:00(最終日は21:00迄です)
 
期間中は無休で開催しております。

http://www.neutron-kyoto.com/
neutron | ニュートロン
〒604-8166 京都市中京区三条通烏丸西入る御倉町79 文椿ビルヂング2階
TEL&FAX 075-211-4588 

※neutron kyotoギャラリーはカフェが併設されております。
オーダー頂かなくてもご自由に入場いただけますが、よろしければぜひ
お茶しながらごゆっくりと作品をお楽しみ頂けましたら幸いです。
(カフェの週末営業は貸切もありますので事前にお問い合わせ頂く方が確実です)

※作品や作家に関するお問い合わせはneutronまでお願いいたします。


■画像作品■
「母の知らない言葉による遺伝子の行方」
2010年 / 97×130.3cm / キャンバスにアクリル

■NEWS(39)■「EPOS DESIGN CARD」

L_228.jpg


大槻香奈のイラストレーションがエポスカードの券面デザインに採用されています。

■EPOS DESIGN CARD■
http://www.eposcard.co.jp/designcard/index.html
*GIRLSのカテゴリーに御座います。

■EPOS CARD■
http://www.eposcard.co.jp/eposcard/index.html

マルイ、VISAマークのあるお店で使えるクレジットカードです。
この機会に是非!どうぞよろしくお願いいたします。

20101014

triangle.jpg

「トライアングル」 2010年 25.7×28.2cm マーメイド紙にアクリル

:::

人は当たり前に幸せに向かって生きているんだなと思っていたけれど、
そういう訳でもないんだなと思う。

やりたいように何かやろうとする。
良くも悪くも、それが幸せでなくても。
だから真剣になればなるほど誰しも矛盾が出てくる。
それを皆お互いに指摘して突付きあいながら、で、結局何だったの?となる。

大事なのは、なんでそれをしたいのかって事。
日々自問自答。

20101008

世前(B1サイズ・ケント紙アクリル)

「世前」 2010年 72.8×103cm ケント紙にアクリル(パネル水張り) [ 販売中 ]

:::

寛容さや優しさを少し履き違えてしまえば、無関心や無責任にもなってしまう。
なんだかそんな気がしてきた。
知る事が自分に足りない。
いま必要な知識、世界で起こっている様々なこと、物事を知る努力を惜しまないように心がけたいです。


私は日本という環境に自分がいる事を幸せに思います。
ですがこの自分を取り巻く環境がこの先もこのまま続くことに関しては良いとは思っていません。
閉塞感があるようでいて自由すぎる。
自由が閉塞感を生み出すとも取れるのでしょうか。
真の良い自由とは何なのか、答えは自分の中にあります。
言葉にするより形に、信念を忘れずに表現活動を、という事を
今一度自分に言い聞かせたいと思います。


表現について最近思うことは、真理というものは
「なのだ」「なのである」「であるからして」のような言葉で表せるものではなくて。
日本の昔の詩人達の言葉のような、形は不安定なのだけれどぐっと心を掴まれたような、
確信めいたような絶対的な何か、解説不要の洗練された表現作品を見てはっとしました。
自分自身の作品コンセプトを提示するとき、誰にもわかるような言葉で伝える事は大事だけれど、
それではやはりニュアンスまで伝えるのには限界を感じてしまう。
作品コンセプトも作品の延長であって、伝わる人には伝わるし、そうでない人には伝わらないという
単純な結論に辿り着く。
コンセプトの提示の仕方も考え直さなければいけないと思っています。
そしてそれにも、絵の技術と同じように訓練が必要であることを今更ながら実感しました。

制作者というよりも私の場合は鑑賞者に歩み寄っていかなければならない、
と同時に、鑑賞者も歩み寄ってくれなければ作品は不安定なままで成立しない。
私は歩み寄る価値のあるものを発信しなければならないと改めて感じています。

20101005

chizu-sekai-02.jpg


恐怖心を抱きながら生きる、描く。
最近はなんかそんな感じだ。

2009年まではそんな事は無かった。
怖いというより苦しかった。
もちろん、それらの深さと同じ分の楽しさや幸福感も持ち合わせているから、
日々生きて描いていられるのだけど。

何に対しての恐怖心なのか。考えてみた。

以前から度々書いているが、やはり何だかんだ人生は自分の意志ではないものに動かされているという事だ。
というよりむしろ、意志を手放して自然の声を聴いているような状態を自ら選択しているというべきか。
これが何ともふわふわしていて怖い。
強い意志は良くも悪くも自分を安心させる。
だけど絵を描いていて、いつもなんだかそういうものが邪魔をして
真実に辿り着けないでいるような気がしていて、なんかそういうのを辞めたいと思ったのだ。

もちろん、幸せの為に何かをする事は素直で美しいが、
ふと我に返ると馬鹿馬鹿しく思える時があるのはなぜだろう。
こういうところで嘘がつけない自分の性格がやっかいだなと思うけど、今更仕方が無い…

私は不幸を感じながら絵を描こうとは全く思わないし、自然に身を任せて
その時なりの考えや空気を感じながら物を創りたいというのが一番にある。
それは突如降りかかる不幸・不運もそのまま当たり前のように受け入れていく、
という姿勢・意志とイコールでもある。

自然を生きたいのだ、たぶん。
幸せとか不幸とか、常識や世間体にとらわれて生きることが必ずしも美しいとは思わないからだ。
そういう世界よりももっと心が自由で、それゆえに素直な思考で人と関わりあえる場所があるはずだ。

そういう生き方は自分にとって苦しくない。そして気持ちいい。
だけどその反面とても怖い。
この先起こりうるであろう可能性をたくさん考えるようになった。
結局は考え事に行き着く…何が起こっても何とかなるんだろうけれど。
良い言い方をすれば脳内が充実しているとも言えるか…
とにかく頭がいっぱいいっぱいな今日この頃。

この世の中を生きていくために、良い場所を常に探し続ける事。
考える事をやめてしまったら、ここにしか居られないっていうのは自分にとってはやっぱり悲しい。

世界の広さを知るまでは、どこかに落ち着くことはよそう。
そして、内に篭もることなく絵で発信し続けていこうと、改めて心に誓った。

Top

HOME

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。