KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

黄色とおく

黄色とおく
。。。。。


何か思いついたことをメモしておく事は好きなのですが、日記帳は持たないようにしています。
日記帳を作ってしまうと、毎日書くのが義務みたいになってしまって結局疲れてやめてしまいます。
傍にあったメモ帳に書くときもあるし、スケジュール帳、携帯やパソコンのメモ機能を使ったりもします。
その時書いていて気持ちのいい場所に書くようにしていると、自然と考え事が楽しくなります。

今日は家にあったノートをふと開いてみると、2年前に書いたメモが出てきました。
日付は無くて、箇条書きでつらつらたくさん書いてありました。

そのなかで、すこし気になる一言。

「ほんとうに美しいものや、優しいものは、自分が気付かないうちに無くなっていくものなんじゃないだろうか。」

じぶんが書いた言葉だけど、2年経つと自分じゃない人に言われたような錯覚になって、
そうなのかな…と少し考えてしまいました。
その時に書いたメモを読み進めていくと、こう書いてあった。

「普段目にしている美しさや優しさは、そう感じる事が出来る時点で究極のものではないと思う。
なぜなら、感じるという事には限界があるから。」

よく、美しいものは目に見えない、みたいな言い方があって(星の王子さまだっけ…?)
それと同じ意味合いで言ってしまっていいのかはわからないけれど。

知りたい事は知る事が出来ずに一生を終えるんだろうなと、漠然と思います。

たとえば、自分が異性にはなれない事とか。
同じように、ほかの動物や植物にもなれる訳でもないし。
違った生まれ方をすれば、それぞれに美しい価値観もまた違うのかもしれない。

どんな考えを持っても、客観視出来たとしても、
結局はここにいる「わたし」を基準にしてしか物事を計れないという切なさを、最近感じます。
想像力だけが、少しだけ私自身を救うのかもしれない、とも。

アイスノヤマ

アイスノヤマ
。。。。。

なんだか今日は良い夢を見たような気がする。

小学生くらいの男の子がいて、その子と私はどうやら友達なんだけど、
その男の子には離れ離れになった同い年の親友がいて、
理由は分からないのだけど
「その子に会うためには僕はなんか頑張らないといけなくて」
みたいな事言ってたので、私も力になるよって事で2人して
一晩で色んな壮絶な出来事をなんやかんや乗り越えて、
やっとその子の親友と再会させる事が出来たって話。
再会させたんだけど、なんでかその子ら2人とも無感動で、何となく気まずそうで。
で、これからどうすればいいの?なんて雰囲気で、
結局私を含む3人が全く違う方向を向いてる事に気付いて、
なんて事無かったかのようにそれぞれの普通の毎日がやってくる、みたいな。

結局なんだったの?ってな感じだったけど、何となく目覚めがよかったです。


:::


作品をご購入して下さったお客様から、たびたび嬉しいメッセージを頂き、
本当に心より嬉しく思っております。
個別にちゃんとお礼がお伝えできていなくて本当に申し訳ないのですが、
頂いた言葉は宝物のように大事にしています。

絵を手に取ってくださって、本当ならば私のほうがお礼というか、
私の感謝の気持ちが伝わりますようにと思っているのですが、
逆に、絵を描いてくださってありがとう、とメッセージを頂く事があって。
その度に、その有難さと心からの嬉しさに、
なんだか自分ではないような、生まれ変わったような気持ちになっています。

自分の絵が人の手に渡ってその人の絵になっているという事。
おそらく、描いている私以上に、私の知らない世界を絵の中の少女は持っていて、
それをこっそり教えてもらっているような気分になります。

絵も、まるで生きているような気がしてきます。

これからも大切に絵を届けて生きたいです。
精進して参りますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

初夏

初夏


基本的に写真は去年撮ったものをアップする事が多いです。
撮ったものをすぐwebに載せるのは何となく抵抗があったり。
何でなのかしら。

空気とか、その時あった出来事とか、
懐かしいなあと思いながら載せるのが楽しみなのかもしれないね。
今年も写真たくさん撮ろう!

最近の私は何故か、もう7月を過ごしているような気分です。

20100610

siroyama.jpg


死んでしまった事への悲しさもあれば、
死ねないという事に対しての物悲しさも同時にあって、
そのふたつが垣間見える、感じられる作品は
いいなと思うものが多いような気がする。

いくら考えてもそこには、誰しもが物質的に
生きている時間より、死んでいる時間のほうが圧倒的に長い
という事実があるだけ。

TENTOMUSHI

どうしようかな


ちょっと前に描いた絵↑
私はどうやら塗り絵が好きらしく、線を描いてその中をベタで塗るのが楽しくて仕方ないようです。
最近気付きました。

:::

私が劇中絵画で参加させていただいた映画「アンを探して」
なんと、まだまだ上映中です。
長い時間をかけて、この作品が今も日本のどこかで観る事が出来るのかと思うと本当に嬉しいです。
みなさんはもうご覧になられましたか??

先日、宮平貴子監督から「京都に来てるんだけど会えないかな?」と電話を頂き、
平安神宮周辺に集合ね!との事で待っていたら…

おやや。


tentomusi-02.jpg tentomusi-03.jpg

tentomusi-04.jpg


道行く人達の視線を浴びながら、なんだか可愛い車が向こうからやってきた、、!
貴子監督はいつも会うたび素敵な笑顔。

アンの旅はこの「テントむし」(車の上がパカッと開いてテントになるんだよ!)に
7000キロの思い出も一緒に乗せて走っていらっしゃるのだ。
アンを探しての宣伝をしつつ、全国の映画館を巡りながらその土地の人達と出会ったり
なんだかとっても素敵な旅をされている。

…本当は私も一緒に旅したいくらいです。笑

「アンを探して」と行く7000キロの旅について↓↓
http://blog.goo.ne.jp/anne_partners/c/ee4fb4a9ec1334914633dcf94f6e8b1a

tentomusi-01.jpg

左からユリ吉村ガニオンプロデューサー、宮平貴子監督、そして映画監督のクロードガニオン氏!
なんだかいい雰囲気でしょう?

あなたの街にも行くかもしれません。
映画もこれから各地で上映されますので、ぜひぜひ、みなさま楽しんで観てくださいね。


tentomusi-05.jpg


そうして去っていくテントむしのおしり。

全国上映情報や、テントむしの旅記録はこちらから↓↓
【公式Web】 http://www.grandjete.jp/lookingforanne/
【ブログ】 http://blog.goo.ne.jp/anne_partners/

わ、そうそう。
7月までに「アンを探して」公式Twitterをフォロー&RTすると抽選でプレゼントが当たるそう。
こちらも要チェックです。
…当たるといーなあ、なんて。笑

http://twitter.com/lookingforanne

Top

HOME

05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg