KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

2010年 個展②

個展会場の事ばかり書いても面白くないかもしれないので、
今日は会場周辺のお店について書いてみることにします。


squarecafe-pasta.jpg


外苑前駅を出て個展会場に向かうまでに色んなお店があって、
比較的neutron tokyoギャラリーに近いところでのオススメのお店など少しご紹介できればなあ
と思ったので、自分の行った範囲だけすこし書いてみようと思います。

今から行こうと思っていらっしゃる方は道のりの参考になるかもなので
今から載せる建物の画像を目に焼き付けて下さい。笑
歩いてて、画像のお店が見えたらとりあえず道あってるよ、って事で。

あまり多くは紹介出来ないですが、とりあえず駅に近い順に書いていきます。
まず一軒目~。


:::


squarecafe.jpg


□ SQUARE CAFE □

なんか近くにご飯やさんないかなーと思って歩いてて、
なんかお店の中がお洒落そうだったので入ってみました。

P010446222_480.jpg

いい感じじゃないですかい?
机の表面がデコボコしてて、それが可愛かった。
なんかアンティークの小物がわんさか置いてあって、私の好きな雰囲気でした。

squarecafe-3.jpg

お昼のランチが美味しかったです。
でも実はその時あんまりお腹空いてなくて、メニューにあった春限定の
たっぷりイチゴのジュース的な飲み物を頼めばよかったなーと後で思う。
ギャラリー鑑賞後ここでお友達とまったり話すのに良さそうなカフェです。
静かでいいね。



つぎは、この隣にあるお店。


:::


pasutaya.jpg


お店の名前忘れたけど、地下にあるパスタ屋さん。
うん、当たり前においしいパスタだった。
お値段も良い。

このお店の何が良かったって、大型テレビが壁にかけてあった事。
お昼休憩のときに店に入ったら、ちょうどフィギュアスケート浅田真央選手の演技のときで、
ジャンプが決まった瞬間パスタ食べてたお客さんの歓声と拍手があがった。
なんだかとても幸せな空間でした。
真央ちゃん感動をありがとう。

この店、たぶんこの時期オリンピックのチャンネルに合わせてるっぽいです。
浅田真央選手のインタビューの時は、店員さんがこっそりボリューム上げてくれました。
しんせつ。笑



つぎは素敵なインテリアショップ。

:::


soshite.jpg


□ MA by So shi Te □

http://www.mabysoshite.com/index.html

上に書いた食べ物のお店と同じ道沿いにあります。
ここまで来るとかなりギャラリーに近いです。

家具だけじゃなくて、雑貨や小物、木で出来たグッズがとっても素敵なセレクトショップです。
店長の小船さんがとっても素敵な方でした*
「neutronで個展やってます~」って声をかけたら、なんとブログに紹介してくださいました。
わわ。ありがとうございます!

http://blog.goo.ne.jp/mabysoshite

ブログ見ていると、取り扱っておられる商品に対してとても素直に愛情を持っていらっしゃる方なのだなあと
そんな印象を受けました。

その時私はあまりお金を持っていなくて、大きなお買い物は出来なかったのだけど、
また行けたらいいなあと思える素敵な商品がたくさん。

soshite-book.jpg

これ!!
木のブックカバーです。洒落てる!こういう素材感のあるもの大好き。
サイズと色も何種類かあって、これは欲しいなあ。
お値段は忘れちゃったけど比較的買いやすい価格だったはず。
お友達にプレゼントしたいなあ。

soshite-okou.jpg

んでもってこの御香、かわいいなあ。
棒状のものはよく見るけど、お花や葉っぱの形してる。
ひとつ買って帰りました。
見た目がお菓子みたいで、忘れかけた頃に間違って食べそう。笑
梅のお香は私が買っちゃったので写真には載ってないけど、
食べたら梅の味がしたらいいなあ~、なんて。

http://blog.goo.ne.jp/mabysoshite/e/5a39a8488912a8f8a8f7619b069b33ba

soshite-kami.jpg

お店の壁にはこんなオブジェが。これ紙で出来ているんですって。
とても素敵* お菓子の型で創られたとか。
これ欲しいなあ。

http://blog.goo.ne.jp/mabysoshite/e/3036230ddfa1bdd4e07e3a3cb9578d2d

ほかにも木のマグカップとかメッセージカードとかなんか色々素敵で、
お友達のプレゼントを考えるのが楽しくなるようなお店でした。
また行こう。
みなさんもよろしければ是非*

2010年 個展①

koten-iriguti.jpg


http://ohtsuki.blog102.fc2.com/blog-entry-401.html

個展がはじまって4日目です。

ここに来るまで本当に大きな不安があったり、同時にやり切った達成感もあり、
これで最後になるかもしれないと思いながらも、
この個展によって「ああ全く新しい事が始まったんだな」と思いました。
開催して沢山の方から感想をいただいて、
お客様と私の絵と私自身の関係も今までとは全く違う、
自分の知らなかった新しい場所に立たされているんだ、と感じました。

きょうは東京は雨のようですね。
ギャラリーの中は大きな窓や吹き抜けがあって、
天候や時間帯によって、作品の表情がかなり変化します。
スタッフの皆様のお陰で作品も今まで以上に見やすく展示出来、
いろんな時間に、何度でもお越しいただきたいと思う展示になりました。


個展はホワイトデーまで開催しています。

私はたぶん7日・11日・14日に会場にいれると思います。
何か直接私に聞きたいこと、話したい事がある方はぜひその日に。
ひとりでゆっくり作品を楽しみたい方はそれ以外の日にでも、
ゆったりと展示しておりますので期間中にぜひ観にお越しください。


個展期間中、しばらく個展作品に関する記事と写真をアップしたいと思います。
ギャラリー周辺のお店の話も書きたいと思います。


Twitterをやっている方は是非、ご感想お待ちしております。
すでに頂いているご感想がとっても嬉しいです。ほんとうに、心から有難う御座います。
私も日々、気になる事を書き込んでいますので興味のある方は是非こちらもご覧下さい。

http://twitter.com/KanaOhtsuki

20100217

haha.jpg


誕生日です。

世の中の2月17日生まれの皆さん、おめでとうございます。

そして今まで、私と私の絵に関わってくださっている皆様に感謝いたします。
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

「すべてになるそのまえに」もうすぐ

13-1.jpg


いよいよです。初の個展のような気持ちでいます。

http://www.neutron-tokyo.com/index.html

三年前に考えていた事がやっと形に出来ます。
いつでもそうです。
逆に、今考えている事はなかなか形には出来ません。
きっと今から三年後に、今考えている事が形になっている事でしょう。
これは不思議と三年サイクルでもどかしいのですが。

いつもの事ですが、個展はこれで最後にしていいんじゃないかな、
という気持ちで制作をしました。
発表の場を与えてくださった事に心から感謝いたします。


:::


私の個展と同会場、同時開催である塩賀史子さん(neutron tokyo 3Fで)の個展について、
まだ個展が始まる前なのにも関わらず未熟な私がこんな事を書くのは恐縮なのですが、
少し私なりの想いを書いてみようと思います。

http://www.neutron-tokyo.com/gallery/schedule/1002/SHIOGA_FUMIKO/profile.html

塩賀さんの作品は以前から私自身が気になっており、
その作品たちは私の根本的な、本質の部分を揺れ動かすものがあります。
それは心の本質ではありません。
人間として生まれながらに持っている何かを動かされるのです。
例えるなら絶対的である前世の姿を想像するような、
目に見えないけれど確信してしまうようなものです。

私の個展を開催するにあたり、まずはそれを感じる事からスタートしました。

私自身はどうしても心を描いてしまいます。
描くつもりはないのですが出てしまいますし、
幼心ながらに感じる社会性を無視できない性格もあり
それが私の作品を創っていますが、
どうしても本当に還っていきたい場所、目指す場所は
社会の中にはありません。
でもそれを表現するには私はまだまだ生きる事が必要で、
今の私には描写力も限界があります。

しかし、一方的で勝手ではありますが、
個人的に塩賀さんと私の絵が同じ空間にある事が
今回とても意味のある事のように思っています。
塩賀さんの作品にはきっと静かに自分の答えも眠っていると感じているからです。
これは私のいち鑑賞者としての視点で、塩賀さんの意図ではありませんので、
勝手に書いてしまい申し訳ない思いもあるのですが。。

この計算されたかのような偶然性(?)に嬉しく思っております。

実際的でなくても、塩賀さんの作品の持つ力によって
私の作品は救われるような気がします。

逆に言えば同じ会場で展示させて頂く事で、
私の持つひとつの世界をも塩賀さんの作品に影響させてしまう事になる訳ですが、
それによって作品が揺れ動く事は無くとも、
私自身、制作時に、いつにも増して作品に対して丁寧であろうという気持ちを持てました。

まだ始まる前ですが、それだけでも本当に有難う御座います。という気持ちです。


個展がとても楽しみです。
みなさまにも是非観にお越しいただければと思います。


:::


長くなりましたが最後に、
今回の私の個展「すべてになるそのまえに」
というタイトルについて少し書きたいと思います。
このタイトルにしたきっかけは正直、直感です。
意味が広く大きすぎるので言葉でコンセプトを説明出来ません。

「言葉になるその前に」
「心になるその前に」
「人になるその前に」
「生まれてくるその前に」
「死んでしまうその前に」

それら全て含めて「すべて」という言葉でひっくるめました。
意味合いは色々ありますが人が「すべてになる」という状態はどのようなものをさすのでしょうか。


実はまだ作品が仕上がっていません。
ラストスパート頑張ります。


24日オープニングには私も会場にいる予定です。

いつもの道

kanaohtsuki-soratoki.jpg


いつも歩いてる道があるのですが、全然面白くも何とも無い場所で、
高校のときは毎朝外周で走らされてて色んな思い出もあったりして、
それでも景色とかほんと中途半端でつまらぬ道なんですが、
カメラ持ちながら歩いてるとそれなりに楽しいです。


kanaohtsuki-tsukitoakari.jpg


こんな、似たような写真でも、撮ってみるとそれだけで気持ちスッキリ。
じゅうぶん楽しめます。


kanaohtsuki-tsukitomati.jpg


構図が悪くっても気にしない。
それに、この道歩いててひとつ良いところを見つけました。
空がものすごく広いところです。

周りにはお金持ちそうな家が並んでて、写真撮ってるとちょっと怪しまれますが、
堂々としてたら声かけられることもありません。

ちょっとした趣味です。
空綺麗だな。

Top

HOME

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg