KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

memo-05

愛知らないけど親友


「悲しさ」の種類っていっぱいあって。難しいのは、
言葉で表現し辛い類のものって自分の中でどう決着つけたらいいのかわかんないよね
ってことで、そんな悲しさを絵でならハッキリ表現できるかしら、と日々思っているのですが。

とある女性の方から頂いた私の絵に対する感想の中で、

「絵を観たときに、女子学生だった時の切なさを思い出した。
いじめられたから悲しいんじゃなくて、決して嫌な事があったから悲しいんじゃなくて。
クラスに色んなタイプの女子がいて、教室の中でそこに自分がいて、なんというか
自分を含む周りのみんなの制服のシャツのたるみ加減を思い出すような。
そういう類の切なさを思い出した。」

みたいな事を言って頂いて、文章にすると意味不明に聞こえてしまうかもしれないけど、
実際その方と会話をしている時に、その表情や言葉の発し方から
その方が言っておられることは非常に私の心と近いところにあると感じて、
それがまさに私の絵を描く動機になっているような部分をついていて、
ただただ「あぁ~…」と何度も心の中で深く頷いたことがあった。


女子って行動に矛盾がある事をよく指摘されるけど、私が思うにそれって全部、
女子が「少女」としての自分と、子供を持つ「母親」としての自分という
全く違う性質を同時に、本能的に生まれながらにして持っているからだと思っていて。
「少女」としての自分も「母親」としての自分も、思春期の女の子にとっては両方大事で
譲れないものだからこそ、結果的に矛盾が生じてしまうんじゃないのかなあ。

もし社会というものがこの世に存在しなかったら、女子は幼い頃から
自分自身が子を持つ母親になることを前提に行動していくんではなかろうかと思う。たぶん。

本来そういう自然現象的な事は全て感情でコントロールできるものでもなくて、女子にとって
「母親になりたい」ってのは幼い頃から自分が自覚できないほど心の奥底で
皆感じているはずだと思っていて。
それは自然物としてごく普通の、あたりまえのことであると思うのだけど、
そこに「社会」が関わってくると、自然現象を受け入れていく事をしてはいけないケースが多いわけで。
色んな文化や時代の流れの中にいると、社会の上での女性のあり方も変化するわけで、
家庭を持つにはお金の問題もあるし社会的な(仕事とかの)問題も関わってくるわけで、
そういう機械的な考え方から、本能的な母として子供を守るための考え方に繋げていく過程の中で、
社会の中で生きていくうえでの苦しみが伴うのは避けられないような気がしていて。

そのことを大人の女性が悩んでいるかといったら、あまりそうではないような気がしますが、
まだ母になるには若い体で、まだ社会がどんな場所なのかもよくわからぬような
不安定さを持つ思春期の少女達は、実はそういうことを無意識に感じているゆえに
少女特有の不思議な切なさを生み出すのではなかろうか、と思いました。
10代っていろんな事に敏感で、心が繊細な時期なので特に。


そんな彼女達に大丈夫よって言えるような絵が描きたいなあーと思う。

幼い彼女達が母としての自分を見つける事が出来たのなら、どんな事も強く乗り越えていけると思う。
実際に子供産む、産まないは別として。
誰かの親になるって事を考えるだけでもいいと思う。
小さい頃女の子がお人形遊びをするように、
誰かの頭をそっと撫でてあげたい気持ちを持つだけでもいいと思う。

私はこの先、全ての少女達は何の心配もいらないと思うのです。

■NEWS(30)■ 大槻香奈オリジナル*ヘルメットペイント制作

herumetto-itibubun.jpg


皆様のリクエストにお応えして、大槻香奈へのヘルメットペイント制作依頼がどなたでも
shopページより可能になりました!
この機会に是非ご利用ください*
(ご注文受付期間は2010年6月までとさせていただきます)


:::

ヘルメットへの注文スタイルは2タイプ御座います。
以下のアドレスをご確認ください。

●大槻香奈ヘルメットペイント・一部分●
http://cart05.lolipop.jp/LA02640755/?mode=ITEM2&p_id=PR00101652649

●大槻香奈ヘルメットペイント・全面●
http://cart05.lolipop.jp/LA02640755/?mode=ITEM2&p_id=PR00101652648

ご注文希望の方は、以下の注意事項を必ずお読みいただけますよう、
どうぞよろしくお願いいたします。

:::



【注意】

・ヘルメットをあらかじめ所持された上でご依頼下さい。
・お取引の流れは、ご依頼内容の確認→お代金のお支払い→ペイント制作→商品発送となります。
・作業工程に約1ヶ月ほどかかりますが、場合によりましては2~3ヶ月頂くことが御座います。
・絵柄・デザインはすべてアナログによる作業で、ベタ塗りの仕上がりになります。
・ペイントの内容は打ち合わせの下、進めさせて頂きます。
・デザインの内容によりましては、お受けできない場合も御座います。(大槻の絵柄とかけ離れている等)
・「在庫なし」の表示になっている場合は予約がいっぱいの状態です。ご希望の方は再開をお待ち下さいませ。
・その他、ヘルメット以外の物にペイントのご依頼などもご相談に応じます。
お気軽にお問い合わせ下さいませ。
・着色はアクリル絵の具を中心に使用し、その上からニスでコーティング致します。

・ヘルメットペイントに関してのご依頼期限は2010年6月末までとさせていただきます。

20090612

幼き日


心がそわそわしすぎて寝れない。
自分のやるべきことが死ぬまでに出来るかどうかって計算してたら
時間と体力が無さ過ぎてとうてい無理だ。
どうしようかな。人生計画立て直そうかなあ。
死ぬまでにいったいどれぐらいの事が出来るんだろう。
自分があと10人ぐらいいてくれれば良いのに。ひとりの人生はなんて短いんだ。
つい最近までは長いなあなんて感じていたのにねえ。。

200807-03

yu


きょうは学生の時からお仕事でお世話になっている方と、久しぶりにお会いする事が出来ました。
はじめてお会いした当時、まだ社会人でもない私をイラストレーターとして扱ってくださっていた事や、
いきなり大きなお仕事をいくつかさせて頂いていた事を思うと、
そんな方とは本当になかなか出会えるものではないし、改めて感謝の気持ちが沸いてきました。

絵を描いていく目的は何か、という話題が出たので、
良い機会なのでちゃんとまとめておこうと思います。

絵を描いて発表することで 「絵がどのように社会や人に機能していくか」 が
今一番自分にとってやりたい事というか、常に考えるべきことだと思っていて。
そう考えると、単に絵描きとしての地位を守るためのプライドとかはあまり無くて。
(よく勘違いされますが)
あるとしたら 「どのような信念で絵をどのように機能させたいか」 というところにあって。
こればかりは本当に譲れないというか、または色んな方と出会って学ぶことによって
その考えを徐々に進化させていきたいと思っている次第であります。


絵を描いていく上でお金を稼ぐことに関しては、「資本」は大切だと思っていますが、
早かれ遅かれいずれ無くなる「資本主義」の考えに対しては常に否定的であります。
精神力と思考能力をフル活用すれば、そういう考えであっても経済がうまく回っていく方法は
必ずあるはずで、そういった事についてもこれからお仕事場でお話していけたらいいなあ…
と思っているところです。
いずれ無くなる価値観に乗っかっていくのは、後々の世代に大きな苦労をかけさせてしまうような
気がしていて、なんとなく気分が乗らないというか。

ただ歯がゆいのは、自分が若くて歴史が浅い人間だとわかっておきながら、
しかし今は頑固にならなければ進化した考えが生まれないというか、先に進めないというか…
この何ともいえない矛盾を抱え続けている事です。苦笑
しかし、日本を動かすための新しい価値観をつくっていくのは私と同世代の人間だと思うので、
こればっかりは若々しくもがいていこうと思ってます。
とりあえず、自分が嫌われ役を買っていかなければ変わっていかないことも
あるんじゃないかな…という。

でも、そんななかで、いつも力になってくださっている方々に、ファンの方々にも
常にとてもとても感謝の気持ちでいて。
若いなりに、まじめに自分と日本の歴史をちゃんと作っていけたらいいなあと思います。


hasuhatake


最近、手の痛みが半端ないのでちょっと制作がスローペースです。
ほとんど毎日描いていたドローイングも今後の体のことを考えて、
はやく通常の作業ペースに戻す為にも、今は禁止にしています。
確実に、去年の無理のツケがまわってきているのを実感。情けないねえ…
しばらくは、手が治るまでは写真という表現方法に変えていこうと思っています。
撮るの下手なんだけどねえ…
でも楽しいのでこっち(写真)で!
外の空気がやっぱり好き。

memo-04

hakasagashi.jpg


「正しいこと」 と 「本当のこと」 がある。

「正しいこと」は他人と共有したがる傾向にある。
それが世の中に無ければ社会が成立しない。
社会的なルールや常識といわれるものもその一部。
正しいことは時代によって変化していく。

「本当のこと」を考えるとき、私は自然と子供のころを思い出す。
本当のことは口に出せなかった事が多い。
なぜならそれは正しいことではないことが多かったから。
ただ忘れてはいけないことは、本当のことは、
いつの時代も変わることなくそこにあるものだということ。
だって本当のことなんだから。
善悪で判断されるものではないし、それ以上が無い。

本当のことは自分自身の心で受け止めるしか無い。
それが生きていく中での試練であって、それが乗り越えられないと
たいがいは「正しいこと」で納得させて片付けようとする。
世の中はそれで良しとしてくれる。
でもそれは何の根本的な解決にもなってない事を
おそらく色んな人たちが無意識のうちに知っている。


正しいことは必要だけど、ただ悲しいことは、本当のことを考えずに正しさだけを追うということ。
そして「正しいこと」と「本当のこと」は、必ずしも手を繋がないということ。
ただどうしようもなく切ないのは、本当のことを受け止める為の器が小さすぎるということ。
そして正しいことがすべて真実だと思う者や組織による抑圧もまた。


だけど私は、少女には本当のことを受け止める力があって、生命に対する愛情を持ちながら
本当のことの為に試練に立ち向かうことができるはずだと思っている。
その点に関して言えば、おそらく母以上に強いものを持っているから。

それは幼い少女時代というものが、母親のように、
自分の産んだ子供を守ることを最優先事項として考える事をしないからである。
それは少女というものが、本質的に存在そのものが限りなく「ひとり」である少年と、
非常に近いところに位置しているからで、その「ひとり」であるという時期こそが
本当のことを本能的に感じながら生きている貴重な時間だと思うからだ。

少年が「ひとり」であるということに関しては、
少女はいつか子供を自分の中に身篭ることが出来るという点と比べて、
少年は大人になっても少年で、存在そのものが生まれもって孤独な生き物であると
私は考ているからで、それがもしかしたら犯罪者が男性に多い原因のひとつなのかもしれない、
とも考えている。


少女は母親になることで人生を二度生きるような気がする。
私は少女が母性を持ったとき、世界は少し動くんじゃないかと思っている。
そんな気がするだけ。
「本当のこと」はわかりません。
それが本当かどうか確かめたいから描いている。
だけど、そんな少女は確かに今この世の中に存在していると思っている。
だから、そんな事を思いながら「正しいこと」を絵に描きたくないのだ。
「本当のこと」が描きたい。
そして「本当のこと」を描いていて切なくなるようでいては駄目なのだ。


これが、今自分が言葉に出来る限界。
どういったらいいのかわからない。

みほちゃん

mihosan-01.jpg


:::

しごとをするママ おんなのひと。
こどものあそび ほんとはすき。
くるまのそうじ いつするの。
くさったりんご ごめんなさい。
くだけたガラス きれいだね。
うつわのちいさい きみとぼく。

ころころうちゅう まわってる。
こいぬのほねは うまってる。
あかくなんかない たいようは。
すずめのこえを あやつって。
ぶくぶくふとった ありたちを。
ごくろうさまと ふみつけた。

おおきなめを ひからせて。
くだものナイフ たべたいよ。
しょうぼうしゃが はこんでる。
すくってあげたい みどりのとり。
きれいないしは かなしいよ。
こころがかわいい きみとぼく。

いっぱいあるけど いみないよ。
いちごみたいな かわいいの。
すくってみたい きんぎょたち。
ふらふらしてて つかめない。
つかめないは つかまない。
とりになったら わかるかな。

いえにはきっと まっている。
あまいケーキ まっている。
そんなものは いりません。
おいしいけど まずいです。
おさかなみたいに みんなでいよう。
おさかなのいえは ないでしょう?


ふせんにえをかく みほちゃん。


ちいさなちいさな いえを 
こどものときから いつもこっそりもっている。

:::


mihosan-02.jpg

memo-03

futari-anohi.jpg


この間ふと思い出した事があるのでメモっておく。

父が、私が小4の時にずっと病気で入院していて、
私は毎日手紙を書いたり、その日書いた絵を届けていたのだけど、
ある日とうとうネタが無くなって、何をあげていいのか分からなくなった時があって。

そこで何を思ったのか、私は色紙で封筒をつくって、
その封筒の入り口に向かって自分の家族にひとりずつ、
父へのメッセージを言葉で吹き込んでもらって、それを封して父に渡した。
それを受け取った父は、封を開けても何にも入っていない色紙の封筒を渡されただけで
なんのこっちゃい、みたいな感じだったんだろうけど。

それから、父がすごくお花見に行きたいと言っていた事を思い出して、
近所の桜の木の下で花ごと落ちていた桜を集めてお菓子のカンに入れて、
カンのふたに「お花見」と書いて、それもあげた。

私は手紙よりそっちのほうが、絶対病気なおるはずだとか
その時は勝手に思っていて。


今から思えばそれらの物・行為も含めてちょっとアート的だなあと思った。



なんか「作品の為に作られたコンセプト」なんてものは本当にどうでもいいもの
っていうかそれって悲しいなあ。。

アート界っていうとコンセプトが大事って言われるけど、
コンセプトなんか無ければ無いって言ってしまった方がいいですし。

今の社会や時代に真正面からぶつかっていく為にアートをする人も、
またそれらから逃げ出すためにアートをする人も、
本当にそういう目的で行うのであれば、
美術界でうまくやっていく為に何かをする事って腹立たしく感じたりするはずだと思うんだけどなあ。
自分に絵を超えた目的があれば、そういうものはむしろ振り払っていきたいところだ。


とかとか色々考えていたら、将来やりたいと思うちょっと面白そうなアイディアが浮かんだ。
自分が制作していて自由が見えないものは全部アートじゃないよ、ほんとにー!


写真は近所の中学生の子たち。

20090602

基本的に何でも気力で乗り越えられると思っているのですが、最近はどうもおかしいです。
今年の個展を終えてからすこしずつ体調が変になってきているような。
ヤフーニュース見てたら、歌手の北出菜奈さんが体調不良で休養だって。
んで不眠症が続いてたとかいう記事を読んで、自分も気をつけようと思いました。
わたしも最近かなり不眠症だし。。。

最近寝れないんですよね、、寝たくないというか、
寝ると必ず悪夢にうなされるのと、夜中何度も目が覚めるのとが嫌で。
朝目が覚めると手足が痛いのがずっと続いている。
起きて仕事してるほうが痛みを感じなくて楽なんだけどな。(駄目なんだろうなあ)

悪夢に出てきたモチーフが気になってwebで夢占いをしてみたら
どうやら病気の前兆(ほんまかいな)とか、人間関係のどうたらこうたら…
とか書いてあったので、もう無理は一切しない事に!

でも人間関係に関しては良い出会いがたくさんあったので心は元気なんだけどなあ。。

最近のストレス解消法は、お香を焚きまくることと、C1000レモン飲むことと、
毎晩の手足のマッサージと、お風呂の中での読書の時間です。(結構いっぱいあるな…)
読書といえば最近、素敵なファンの女の子に手づくりのブックカバーを頂いたので、
大事に使用させていただいてます。


bookcover.jpg


手づくりとか…涙が出るぐらいうれしいです。(雑って言ってたけど全然そんなことないよー!)
しかもちょうどブックカバーが欲しいところだったので余計に。
何より純粋に気持ちを伝えてくれた事が嬉しいし、とても元気になれます。
素敵な手紙もどうもありがとう!!


なんか日記かいてたらちょっと元気になってきたな。


そういえば、昨日の夜外へ出かけたら、近所の川に蛍がいました。
本当に電気みたい!はじめて見て感動。
かわいかったなー。

Top

HOME

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg