KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

青虫みたいな女の子

IMG_9116_convert_20120908100403.jpg


あれれー…?

:::

最近Instagramはじめました。kanaohtsukiでやってます。

あかいもの

かにちゃん

カニちゃん


えびちゃん

エビちゃん


しゃけ

サーモン


すいか

スズムシの餌

20120506

iruka


休憩するイルカ。ショーおつかれさまです。可愛かったよ。


:::


今日はスーパームーンの日だった。
Twitterで知ったので自分も見てみたのだが、確かに月はいつもより輝いていて少し大きかったように思う。
何となくだけど、自分はこの現象にそこまで感動出来なかった。

失われてしまった感受性について、時々思う。

皆同じ月を見ているとか、私達は同じ空の下にいるとか、そういった感覚はいつしか
自分にとってリアリティの無いものになってしまったなと思う。
言葉としては理解出来るのだけど、体感としてよく分からないといった感じだ。

今だったら「月が綺麗だよ」と人にメールをしたり、Twitterに書き込むことができる。
自分の感受性が反応する前に、情報として目にする事になる。

人と繋がっている感覚が、月でも空でもなく、インターネットにあることが
自分にとってのリアルなように思う。
それが良いか悪いかという話ではなく、今の自分が素直にそう感じている。

感受性が失われることは、人の寂しさを生む事に繋がる。
そこに言葉が無くとも確かな何かを感じられる心こそが、その人自身を支えているものなのかもしれない。

最近写真を撮っていて無意識に思うことは、なるべく大事な瞬間はシャッターを切らずに、
カメラを構えずにその光景を肉眼で眺めていようということ。
そして、それについてなるべく人に語ろうとしないこと。
そうやって自分の感情を心にしまっておくことで(感情を情報化しない事で)、
自分自身を大事にしたいのだと思う。
もし誰かが同じ気持ちでいたとしたら、それがわかる瞬間があるとしたら、
その時はきっと心から嬉しく思うだろう。

書いていて、福永武彦の小説「草の花」で月を眺めるシーンが出てきた事を思い出した。
何となくもう一度読んでみようと思う。



草の花 (新潮文庫)

20120505

same


人間よりサメのほうがカッコイイもんね。と言ったのは日常のはかせだったか…
サメは存在の緊張感が好きです。

サメは一週間で歯が生え変わるとか縞模様が苦手だとか何とか。


:::


今日の制作日記。
当たり前に表現活動の全部が楽しい訳ではないですね。
面倒だけど必要なことはやはりやらねばならない…というわけで気の遠くなるような作業を始めました。
頑張って描いても後々上から消す予定なのですが…そんな事が絵には必要だったりする。
じっくり確実に良いものを創ります。

この間友人とも話していたことですが、面倒な事を避けていては前には進めませんね。
どうせやらなければならない事は、どうやって楽しく乗り切るかという工夫が必要です。

あとは…どうしてもしんどい時はiPhoneに入ってるこの動画を見て癒されてます。
というより何となく間抜けで笑えます。何考えて生きてるんだろw





時々ぶつかってますね、、、
どう見ても動くマッシュルームです。ぽわぽわ。

20120504

ebi


最近は京都水族館で撮った写真を眺めて楽しんでいます。
名前忘れてしまったのだけど、なんかのエビです。
こんなグロテスクな生き物を最初に食した人、めちゃカッコイイす。


ebi


こんなお顔してはるんですね。
背景の青とコントラストの加減がいい感じです。
絵に描きたくなりますね。


ebi


久々にアナログ撮影してみたのですが、シャッターきる瞬間の音が気持ちいいですね。
フイルムに焼き付ける感じ、たまらんです。


:::


今日の制作日記。
昨日に引き続き、大きなキャンバス絵の続きを描いていました。
だいたい全体の3分の1が仕上がったのですが、いつもここから苦しくなってくるので、
体調に気を付けて勢いで乗り切らねばです。

作家活動をしていると、目の前で起きている全てのことに何かを感じないといけない義務感みたいなものを
感じることがあって、(また他人にそれを求められたりする事もあって)苦しくなる時があります。
最近はそれを振り払って、単純にものを作る事だけを考えるようにしています。

基本的に感動は自分の心の中にあればいいもので、そのすべてを人に伝えることをしようとは思っていないのです。
それを表に出した瞬間、誰かと共有しなければ落ち着かない気がしてくるのも、何だか嫌なもんです。。

何かを感じていても感じていなくても、そんな自分とは無関係に動き出す世界について描いていたいなあと、
改めて思ったのでした。

20120425

dome

美しさ

IMG_1854.jpg


醜さが何なのかは説明できないけど、醜いと感じたら、それは間違っても絶対にするべきでないのだろう。
何かに迷う事があれば、美しいと思う方を選んでいこうと思う。
それは単純に正しい事とかやさしい事を選択していく事ではないから、時に厄介なのだけれど。

何を美しいと思うか、それがその人の限界なんじゃないかって思う。
わたしは日々生きていて、美しさの限界のその先、向こう側に辿り着きたいと思う事がある。
イメージが漠然としていて、うまく説明出来ないのだけれど。

「人として」という枠を取っ払って、ほんとうに美しさについて考えたことがあるだろうか。
それを真剣に考えずして、作品なんか作っちゃダメだと思った。
美術をやって生きていくって、たぶんこういう事なのかもしれない。
生きているうちに、いつかはそこに辿り着かなければならない気がしている。

活動のこと

natsu-kyoto-07.jpg


最近になって、作品集を出して欲しいとのお声をよく頂くようになった。有難いお言葉で嬉しいです。
私も作品集があればいいなあと思っていますので、前向きに実現に向かえたらいいなと思います。

…ただ、作品に関してはあともう少し原画だけで勝負したい気もしています。

なぜなら画集に過去作品をまとめてしまうと、作品はただの一枚の絵になってしまうからです。
個展だとその時代に感じるものやそこから見る未来、その時しか表現できない事を形にするので、
個展がひとつの作品でもあって、今のところはそれこそを見てほしいと思っているからです。

でありながら、個展の中にある作品は一枚一枚、個展のテーマや時代性とは関係のない視点で見ても
一枚の絵として成立するものをなるべく目指しています。
それは今現在だけの世界に作品を閉じ込めてしまいたくはないと思っているからなのですが。

それを踏まえたうえで、作品の中にある「今」に触れてもらおうとした時に、
やはり印刷物よりも、原画に直接触れて頂いたり、お手にとって頂く事は意味のある事だと思っていて。
今は過去作品はWebでご覧いただけるように掲載しておりますが、
もしそれらを作品集として発表する事に意味を感じたら、実際に取り組んでみようと思います。

何故原画に拘るのだろう、ということは私自身がよく考えることですが。
小さな作品であっても、一点しかない原画をお手にとって頂けたら嬉しいなと思っていますし、
その絵と現実世界の間にある空気を知って下さった方の反応はいつも気になっています。
その一枚一枚の作品の重みであったり、また逆に作品を実際に手にする事が出来る気軽さであったり、
自分自身の活動の一部を、僅かでも体験して理解して下さることが望みでもあるのだと思います。
そういったことが自分の活動のひとつのしっかりとした土台になるまでは、しばらく原画に拘ろうと思います。
個人的な話かもしれませんが、そうすることでこの先社会的に貢献出来ることも増えていくのではないかな、
と考えているからです。

そんな考えはあるのですが、商品として原画を販売するという点においては私なりの課題は常に沢山あって、
お客様によりいいものを届けるという意味では、まだまだ研究、試行錯誤が必要だなと思っています。
そしてそれらを個展という形(作品)に仕上げて発信すること。
理想に近づくには少しまだ時間がかかりそうですが、まずはそれをあるレベルまで達成したうえで、
原画作品以外の活動にもきちんと向き合っていきたいです。

興味のある方は、これからも見守って頂けましたら幸いです。
もっと長く作家活動を続けて、良い作品をたくさん描いて残していかなければならないですね。

きっと将来、良い作品集が出来ていますように。
がんばります。

20110619

6月


もうすぐ一年の半分が過ぎる。
そのぶん大きくなる。年をとる。
絵ができる。新しくなる。過去が遠くなる。
忘れていく。思い出すようになる。

でも、出来事の全てが過去になっていくってことは変な話だ。
過去は自分の中から切り離せるものではなくて、その延長に今をずっと生きている。

7月には展示がふたつあります。
絵を描く事に一生懸命になることは、時々自分を変な気持ちにさせます。
何のためだとか、今はそういう事を考えずに「良いもの」を作ろうと思っています。
でもそれはいつも「誰か」に向けて作られていて、それはずっと変わらないです。

絵を描くことってものすごく大変だけど、なんだかとても
とてもふつうです。
絵の為に生きる大半の時間を使うけれど、絵の為に生きることはせぬよう
と思います。

/////

tree-02.jpg


tree-01.jpg

20110225

kanaohtsuki-e.jpg


たぶんここから描き直すので記念に写真撮っておく。

20100923

2010natsu-08_20100923172343.jpg


何でも早く過去になるのがいい。
辛い事もそうだけど幸せな事も。
その先にはいつもそれを超えたものが存在するから。

どちらにもしがみつかない事だね。
そこには到底、私の頭では想像できない心と体の自由がある。

20100921

kana-ohtsuki-garasunohana.jpg


今日はタイ料理を自分で作ろうと思ってとりあえずナンプラーを買ってみた。
関係ないけど何となく松の実も買った。
エスニックな味を何となく欲しています。

20日は敬老の日だったので祖父母の好きな懐中汁粉をあげた。
私も頂いたけどすごくおいしい…見た目も素敵だった。
今度買ったら食べるときに写真撮っておこう。。

食べ物と読書にしか興味がいかない最近。
私にしては珍しく、暇つぶしでなく読書だけの時間をちゃんとつくっている。
秋ですね。。

20100915

kana-ohtsuki-douro.jpg

Top|Next »

HOME

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg