KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

みほちゃん

mihosan-01.jpg


:::

しごとをするママ おんなのひと。
こどものあそび ほんとはすき。
くるまのそうじ いつするの。
くさったりんご ごめんなさい。
くだけたガラス きれいだね。
うつわのちいさい きみとぼく。

ころころうちゅう まわってる。
こいぬのほねは うまってる。
あかくなんかない たいようは。
すずめのこえを あやつって。
ぶくぶくふとった ありたちを。
ごくろうさまと ふみつけた。

おおきなめを ひからせて。
くだものナイフ たべたいよ。
しょうぼうしゃが はこんでる。
すくってあげたい みどりのとり。
きれいないしは かなしいよ。
こころがかわいい きみとぼく。

いっぱいあるけど いみないよ。
いちごみたいな かわいいの。
すくってみたい きんぎょたち。
ふらふらしてて つかめない。
つかめないは つかまない。
とりになったら わかるかな。

いえにはきっと まっている。
あまいケーキ まっている。
そんなものは いりません。
おいしいけど まずいです。
おさかなみたいに みんなでいよう。
おさかなのいえは ないでしょう?


ふせんにえをかく みほちゃん。


ちいさなちいさな いえを 
こどものときから いつもこっそりもっている。

:::


mihosan-02.jpg

12歳の唄

あかいところ
     :::::


     ふと思い出したあの頃の事。
     
     血のつながらない母が、幼い私にいつも言っていた。

     あなたのその両手は愛する母の為に、
     その両足は愛する恋人の為にあるのだという事を。
     そして、つまらない恋ばかり追いかけて愛で死んでいった男の話を。

     その時、私は男でも女でもない、ただの人間として生きることを密かに決めた。


     12歳の夏の終わり、
     母にごめんなさいと言って、
     はじめてひとりで海に行った。


     あの海は今もあのままでいるのかな。

      
     The memo of the teens girl - 2008 June 20
      :::::

Top

HOME

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg