KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

Rei Ayanami

ayanami-02

ayanami-01

*Merry Christmas*

「ほしつき」

hosituki01

hosituki02

hosituki03

hosituki04

hosituki05

hosituki07

hosituki08

hosituki06


「ほしつき」2014年 455×333mm ケント紙・アクリル

「ゆめのわ」

yumenowa01

yuenowa02

yumenowa03

yumenowa04

yumenowa05

yumenowa06

yumenowa07

yumenowa08


「ゆめのわ」2014年 455×333mm ケント紙・アクリル

誕生日

tannjyoubi_convert_20120204224906.jpg


いろいろな人間の愚かさ頼りなさ、どうしようもなさを時々俯瞰して眺めてみては、
人の全ての行いをどうしようもなく愛おしいと感じる時がある。
それは悲しくもある。そこに愛は無いのかもしれないが、心の奥深くでは全ての人間を許したいという気持ちがある。
これはずっとそうだ。
世界を一瞬でも抱きしめる事が出来ればいいのにと思う。

「Transparent eyes」

17296291_m.jpg


昨日はpixivにて、合計12作品をアップしました。
自分の中で「こんな時だからこそ人に届けたい絵」を自分なりに、今までの作品よりチョイスしました。

その中の、この「Transparent eyes」という作品がpixiv内にてランキング入りしていたようです。

僅かではありますがpixivやTwitterを通して言葉と絵が届ける事が出来て、また
ありがとうのコメントや、皆様の反応を見て少しほっとしました。
こんな時、絵(またはその他の芸術)は人に勧めるよりも、「そこにある」という確かなものを
感じられる存在であって欲しい、という事を強く思いました。

pixivに登録されていな方の為に、ブログでもこの絵を載せておきます。(公式Webからでも観れますが)
信じて、力になれることはしていけるように、見守っていきます。

20110303

途中


ずっと気になっていていまだに理由が分からないことがある。
東京の夜の街にいるといつも泣きたくなるような衝動にかられる。
実際に泣いたりはしないのだけど、信号待ちの時とか、夜ベンチに座ってる時とか。
何のトラウマがあるわけでも、これといって思いつく特別な思い出もなくて不思議でしょうがない。
悲しいというより切ないような、どうしようもない気持ちになる。
それは一体何なんだろう。
今この場所で思い出しても、あの時の気持ちはすぐにここに蘇ってくる。
自分が儚くなってしまうのか、それとも街を儚く思っているのか。

20110223

lens

おすまし

おすまし


お酒のビンが空いたので、花を買いに行って生けた。
良い良い。意外と花って安く買えるのね。

んでロウソクいっぱい買って火付けたらなんかお洒落じゃあないですか。
お香焚いたら「はわわ~」ってな気分になりますね。

なんかお部屋が日に日にメルヘンになってきましたよ。
あーあとは良い音の出るレコードプレイヤーがあったらいいなあ。欲しいな。


今日はヨダレの絵描いてました。 はわわ~

ほぅ

ほぅ


昨日家に帰る途中、道の端から子猫が私の足元を急速に通り過ぎていったなーと思って、
何気なく振り返ってみたらカエルだった。


デカすぎ!!!!!!!!


そんだけ。

I spin a shady past

I spin a shady past


今日の午後は、久々に死ぬほど眠かった。

部屋に緑が欲しくなったので、カイワレ大根を育て始めました。
観葉植物より、食べられる方がいいざますー。


Soft Skin

Soft Skin


最近自宅で、ヨーグルトからチーズを作ってます。
味はやっぱヨーグルトなんだけど、美味しいですこれが。

I know it

  I knou it


色んな面で大人にならなきゃいけないけど、少女時代の自分を忘れて大人になっちゃいけない。
けどきっと、最近忘れてたんだと思う。

今年に入ってからの事だけど、絵を描いている時に、女子高生の女の子に足を引っ張られたり泣きながら殴られたりするような感覚がある。
最近ではそれがますます激しくなって、絵を描いていない時でもそんな感じ。く、くるしひ・・・

けど、そのおかげで、自分が間違った方向に行かなくて済んだ気がする。
いつも私に泣きながら殴りかかってくる彼女は、たぶん幼い頃の私なのかもしれない。
何か自分らしくない事をしようとしたり、変に大人ぶろうとしたりすると、必ず彼女に殴られる。
私はそこでいつも目が覚める。

今の私よりも、少女時代の私の方がきっと強い。
純粋なものは強いね。少女は強いよ。


Top|Next »

HOME

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg