KanaOhtsuki * One day One picture

■大槻香奈の日記■

【NEWS】ギャラリー創治朗 開廊2周年記念展「創治朗#2」参加

group_sojiro2_convert_20170530205319.png


ギャラリー創治朗、開廊2周年記念展に参加いたします。
みなさまぜひ、ご来場下さいませ。

詳細はこちら→http://gallerysojiro.wixsite.com/sojiro/future
Next Exhibition

■創治朗 #2  開廊2周年記念展

【会期】
2017年6月3日(土)~6月14日(水)←大槻が参加するのはこちらの日程です。
2017年6月17日(土)~6月28日(水)
12~19時 火~土曜開廊(日・月 休廊)

〔第1期〕
2017/6/3 土~6/14水
名もなき実昌/サワダモコ/大槻香奈/Ayako Ono 

6月3日(土)19時 オープニングパーティー

〔第2期〕
2017/6/17 土~6/28 水
海野由佳/亜鶴/中山いくみ

★トークイベント★
6月17日(土)19時〜 MOGURA CAFE(GREENJAM BUILDING) にて
1期・2期出展作家全員登壇でのアーティストトークを実施いたします。
こちらもぜひご参加いただければと思います。
(入場時にワンドリンクご注文ください。¥500~)


創治朗 -Contemporary Art Gallery-
664-0851 兵庫県伊丹市中央6-1-33 中本ビル2F

TEL:072-773-3910  MAIL:gallerysojiro@gmail.com
WEB:http://gallerysojiro.wixsite.com/sojiro  Twitter:@sojiroARTprdc


【趣旨】

このたび創治朗では2017年6月3日より
開廊2周年記念グループ展「#2」 を開催いたします。

今展では会期を2期に分け、創治朗がこれまでにご紹介してきた若手のペインターを、初出展となる作家もまじえて総括します。

第1期ではキャラクター表現を絵画に取り込んだ作家を集めました。
名もなき実昌/サワダモコ/大槻香奈/Ayako Ono
の作家陣で、それぞれ作風の核に漫画/アニメ/ゲーム/ネット/デジタル画像等の文化からの本質的影響を受けながら、
世代ごとのその影響が実体化した際に多様なかたちをとる作品群の共通項と差異を展望します。

第2期では、いわゆるペインタリーな絵画的特質をもつ作家を集めました。
亜鶴/海野由佳/中山いくみ
の作家陣で、強い筆触性や絵具の物質感が際立つ作風の亜鶴、海野、および光沢性など表面処理も緻密に制御する細密画の中山、いずれも現代において具象絵画・人物モチーフを扱う際の若い作家の視点の興味深い一例となっています。

以上の2期に渡る会期の中でトークイベントも予定しており、
現代の絵画作家や画廊・アートシーンを取り巻く問題意識やいま最も需要されている動向などを考察していきます。

この機会にぜひご高覧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

​(創治朗 ディレクター 二見正大)

【NEWS】村上裕 著「孤独な世界の歩き方」装画担当



ゲイの心理カウンセラー村上裕さんの「孤独な世界の歩き方」装画を担当致しました。
みなさまぜひお手に取ってご覧下さい!

http://amzn.to/2s9E60s

【内容紹介】
生きることに悩む、すべての人に……

大丈夫。
あなたは、あなたらしく、
この孤独な世界を生きてゆけるから。

「なぜ、生きることはこんなに苦しいんだろう?」
この孤独な世界の中で、私達は、とても小さな存在。大きな道標のように見える誰かの強い価値観や様々な情報に翻弄され、迷い、時に、抜け出せない迷路に入り込むこともある。
けれど、生きていれば、必ず道がある。どんな道でも、あなただけの道を歩くことができる。
虐待、いじめ、自殺未遂、カミングアウト……。ゲイの心理カウンセラーである著者が、自分自身の半生を紐解きながら、セクシュアル・マイノリティの視点と心理学的視点で語る、この生きにくい孤独な世界との向き合い方。

NHK「おはよう日本」、日本テレビ「解決! ナイナイアンサー」、朝日新聞、日経新聞、毎日新聞など多数メディアに登場する、ゲイの心理カウンセラーによる、待望の初著書。

人生の答えは、外に落ちているものではなく、あなたの心の中から見つけ出すもの。

他の誰でもない、世界でたったひとりの「あなた自身」になるために……

【NEWS】東京「ondo STAY & EXHIBITION」にて大槻香奈・春のオープンアトリエ2017を開催

IMG_5446_convert_20170507140435.jpg

今月、清澄白河に新しくオープンした「ondo STAY & EHIBITION」にて、大槻香奈「春のオープンアトリエ2017」を開催いたします。
ギャラリーが大槻香奈のアトリエに大変身…!
期間中そこで暮らしながら絵を描きます。
壁には作品も沢山展示しております。
皆様ぜひ遊びに来て下さい!

期間:5.10(水)〜5.21(日)※月・火休み最終日17時まで。
場所:ondo STAY&EXHIBITION
〒135-0024 東京都江東区清澄2-6-12
IMG_6802_convert_20170507142559.jpg


入場料:700円
※3回のご入場、または3回分の入場料お支払いで、イベント期間終了後に豪華ノベルティをプレゼントいたします!
(初回入場時に3回分お支払い頂いた場合、残り2回の入場は無料となります。初回で入場スタンプカードをお渡しいたしますので、以降入場の際は必ずお持ち下さい。)

入場時にお渡しするスタンプカード↓↓↓
IMG_1661_convert_20170507140419.jpg

会場は写真撮影OKです。SNSハッシュタグ「#大槻オープンアトリエ」でぜひ、みなさんの記録を呟いてください!

その他、期間中イベントなどの詳細は大槻香奈Twitterをチェックお願い致します。
↓↓↓
https://twitter.com/KanaOhtsuki
C92T3R6UMAAni4Z_2_convert_20170423000854.jpg

【NEWS】似鳥鶏 著「彼女の色に届くまで」装画担当




似鳥鶏さん著「彼女の色に届くまで」の装画を担当致しました。
皆様ぜひお手に取ってご覧下さい!

【内容紹介】
『彼女は、天才画家にして名探偵。』
彼女に出会ったその日から、僕の人生は変わった。
絵画で謎を解き明かしながら僕は知る、その喜びと苦しみを。

画廊の息子で幼い頃から画家を目指している緑川礼(僕)は、期待外れな高校生活を送っていた。友人は筋肉マニアの変わり者一人。美術展の公募にも落選続きで、画家としての一歩も踏み出せず、冴えない毎日だった。だが高校生活も半ばを過ぎた頃、僕は学校の絵画損壊事件の犯人にされそうになる。その窮地を救ってくれたのは、無口で謎めいた同学年の美少女、千坂桜だった。千坂は有名絵画をヒントに事件の真相を解き明かし、それから僕の日々は一変する。僕は高校・芸大・社会人と、天才的な美術センスを持つ千坂と共に、絵画にまつわる事件に巻き込まれていくことになり……。

ルネ・マグリット『光の帝国』、ジャクソン・ポロック『カット・アウト』、パウル・クレー『グラス・ファサード』など有名絵画が多数登場!(カラー口絵付き)
絵画をヒントに、美術にまつわる事件の謎を解け。「才能」をめぐる、ほろ苦く切ない青春×アートミステリ!

【NEWS】新井素子著「星へ行く船」シリーズ第5巻・「そして、星へ行く船」装画担当

IMG_3078_convert_20170422235233.jpg

IMG_2325_convert_20170422235248.jpg


新井素子さん著「星へ行く船」完全版、最終巻が発売となりました。
皆様ぜひお手に取ってご覧下さい!

【NEWS】広島のgalleryGにて大槻香奈個展「でたりはいったり」開催

C6M9WlmUsAAv5EJ_2_convert_20170323145303.jpg

広島のgalleryGにて個展「でたりはいったり」を行います。

これまで制作テーマにしてきた「から」(容れ物)を、出たり入ったりするものについて制作した作品群を、
過去作を交え発表いたします。
「から」は、殻、家、墓など、私たちが生きていくうえで必要としている、さまざまな器をさしています。
これまでは「から」の中身と外見について描く事が多かったのですが、今回はそのからを出たり入ったりする人、またはその魂について考え、作品を制作しました。
「殻に閉じこもる」という言葉とは逆の「殻を出たり入ったりする」、その自由について考えたともいえます。
ぜひご覧下さい。

期間:2017-03-28(火)〜2017-04-02(日)
時間:11:00-19:00 (last day-16:00)
場所:galleryG (http://gallery-g.jp/)

【NEWS】志賀泉 著「無情の神が舞い降りる」装画担当



志賀泉さん著「無情の神が舞い降りる」の装画を担当致しました。
ぜひお手に取ってご覧下さい。

【本の内容】
避難区域に寝たきりの母と留まった「俺」が、誰一人いない町で封印された記憶をたどっていく表題作のほか、
避難先の学校でフクシマの映画を作ることになる17歳の女子高校生を描く「私のいない椅子」を収録。
南相馬出身の作家がはなつ、震災文学の決定版!

【NEWS】新井素子著「星へ行く船」シリーズ第4巻・「逆恨みのネメシス」装画担当



新井素子「星へ行く船」シリーズ第4巻の、「逆恨みのネメシス」の装画を担当致しました。
1〜3巻とあわせてぜひご覧下さい!(全5巻になります)

http://ohtsuki.blog102.fc2.com/blog-entry-772.html

【NEWS】最果タヒ「グッドモーニング」文庫・装画作品提供




詩人・最果タヒ氏の中原中也賞受賞作である「グッドモーニング」の文庫版、装画に大槻香奈作品の「進化の日」を使用して頂きました。
皆様ぜひお手に取ってご覧下さい!

【内容紹介】
わたしの名前を君たちは知らない。あらゆるものに手が届きそうなのに、何だってできそうなのに、私たちの現実は行き詰まっている。閉じている。愛とか、死とか、そこにドラマなんて、ありはしない。――本当に? それは誰が決めたの。それはいつ、わかったの。私たちの、僕たちの世界を、塗り替える言葉たち。見たことのない景色。知らなかった感情。新しい自分が、ここから始まる。中原中也賞に輝いた鮮烈なる第一詩集。

【NEWS】大阪ondoにて「ひなまつり*展 二〇一七」開催

ondo_HPtop_hinamatsuri.jpg
ギャラリーondo企画、大槻香奈キュレーションによる group exhibition ひなまつり*展 2017を開催いたします。

【参加作家】
大槻香奈/北浦朋恵/じん吉/はまぐちさくらこ/巻田はるか/吉田有花

2017.2.14(火)-2.27(月) 日曜定休
12:00~19:00 ※最終日は17:00まで

一年に一度訪れる、女子の健やかな成長を祈る「ひなまつり」。
日本独自の女の子のためのお祭りを、 もっと素敵に、
そして新しい楽しみ方を創造していきたいという思いから、この企画がはじまりました。

ハロウィンやクリスマスで盛り上がるのもいいけれど、
ひなまつりにもきっと現代的な楽しみ方があるはず。
現代の女性若手作家による様々な、ちょっと新しい、二〇一七年の「ひなまつり」をお届けいたします。

イベント詳細→http://ondo-info.net/gallerys_osaka#upcomingEvent

Top|Next »

HOME

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

作家 : 大槻 香奈

Author:作家 : 大槻 香奈
美術作家/イラストレーター
お問い合わせは以下の大槻香奈Webサイトよりお願い致します。

http://ohtsuki.rillfu.com

2243277_3246444182_bigger.jpg